地球を斬る

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043914036

地球を斬る

  • 著者 佐藤 優
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784043914036

外交に哲学と戦略を! 新帝国主義の時代に対峙する日本の現状を読みとく!

〈新帝国主義〉の時代が到来した。ロシア、イスラエル、アラブ諸国など世界各国の動向を分析。北朝鮮―イランが火蓋を切る第三次世界大戦のシナリオと、勢力均衡外交の世界に対峙する日本の課題を読み解く。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「地球を斬る」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 2010/2/1 Amazonより届く。 2013/1/26~2/3 「フジサンケイビジネスアイ」に連載されたコラムに加筆された、外交・政治分析。いつもながら、佐藤氏の分析は鋭いな。現在の、対露、対 2010/2/1 Amazonより届く。 2013/1/26~2/3 「フジサンケイビジネスアイ」に連載されたコラムに加筆された、外交・政治分析。いつもながら、佐藤氏の分析は鋭いな。現在の、対露、対中、対北外交の停滞を見るにつけ、外務省の凋落ぶりが気にかかる。安倍総理が設立しようとしている日本版NSCに期待したい。 …続きを読む
    gonta19
    2013年02月03日
    22人がナイス!しています
  • 凄い。国策捜査のターゲットになりながらも、担当検事と互角(それ以上)に闘い抜ける知力と精神力を持ち合わせる著者は「バケモノ」。確かに「情報」っていうキーワードは、軽重問わず割と頻繁に便利に使われている 凄い。国策捜査のターゲットになりながらも、担当検事と互角(それ以上)に闘い抜ける知力と精神力を持ち合わせる著者は「バケモノ」。確かに「情報」っていうキーワードは、軽重問わず割と頻繁に便利に使われているような印象がある。基礎知識と想像力さえあれば、特殊なルートがなくても、新聞・雑誌・テレビ・ネット等に掲載されているネタをパズルのピースのように合わせていけば、価値ある「情報」に昇華させることが可能、らしいデス。読んでいくうちに何故か段々と緊張感が高まっていくのを感じる作品。「息抜き」には不向き→ズバリ教材。 …続きを読む
    あじさい
    2015年08月21日
    3人がナイス!しています
  • 342頁「本書単行本刊行時のあとがきで私は、北朝鮮人の内在的論理は一九四五年初頭の日本人の心理、すなわち対米戦争に勝利はできないが、降伏は誰も考えておらず、近未来に本土決戦のときが来て、玉砕について考 342頁「本書単行本刊行時のあとがきで私は、北朝鮮人の内在的論理は一九四五年初頭の日本人の心理、すなわち対米戦争に勝利はできないが、降伏は誰も考えておらず、近未来に本土決戦のときが来て、玉砕について考えていたときと類比的だと書いた(中略)。残念ながら、この状況が現実になっている。」氏がそう書いて10年弱、この状況が強まっているからこその月例発射が続けられているのだろう。 …続きを読む
    しびぞう
    2017年07月11日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品