耳で考える ――脳は名曲を欲する

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
208
ISBN:
9784047102057

耳で考える ――脳は名曲を欲する

  • 著者 養老 孟司
  • 著者 久石 譲
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月09日
判型:
新書判
商品形態:
新書
ページ数:
208
ISBN:
9784047102057

私たちはなぜ音楽に感動し、涙するのかを解き明かす究極の対話!

人間はなぜ音楽を生み出し、社会においてどのように役割づけてきたか? そして私たちはどのような曲を美しいと感じ、どうやってそれを受け入れていくのか? 謎の多い分野に脳科学と映画音楽の第一人者が挑む!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「耳で考える ――脳は名曲を欲する」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 音楽と脳。人は耳で考える。脳は目より耳で感動する。映画で音と映像を同時に流すと音が先に聞こえ、少し遅らせるとシンクロする。目より耳が繊細である。…音のリズムは円。指揮棒は上下に振らず円を描く。音楽も人 音楽と脳。人は耳で考える。脳は目より耳で感動する。映画で音と映像を同時に流すと音が先に聞こえ、少し遅らせるとシンクロする。目より耳が繊細である。…音のリズムは円。指揮棒は上下に振らず円を描く。音楽も人生も螺旋状に絶えず繋がっている。…いい音楽は楽譜の音符が綺麗。調子が悪いときは不安で音を重ね、楽譜が真っ黒になる。…あまりに独創的だと理解不能だが、聴き手の共鳴を求めすぎるのも本質ではない。音楽は永遠に完成しないもの。探し続けるから新たな世界が見える。そこから何が生まれるかわからないから音楽も人生も面白い🎼 …続きを読む
    やすらぎ
    2021年02月08日
    130人がナイス!しています
  • 耳で弾くという感覚はあるが、耳で考えるという事に興味を持った。言葉では表現できないのもが芸術。音楽と数学の関連性は積算作業だけではないかも。第二章『感性の土壌』は非常に面白い。個性は体...確かに。触 耳で弾くという感覚はあるが、耳で考えるという事に興味を持った。言葉では表現できないのもが芸術。音楽と数学の関連性は積算作業だけではないかも。第二章『感性の土壌』は非常に面白い。個性は体...確かに。触覚・臭覚を刺激し人間を虜にした雌のセキセイインコが甘い声で囁く。 建築基準法に疑問を投げかけた崩れない皇居の石垣の話は特に。東日本大震災で多くの建物が崩壊し犠牲者をだした岩手で、個人避難所となった家を思い出す。どういう構造になっているのか興味がある。「なすべき事の意味」「顔がない音楽」「自分で動け」は納得。 …続きを読む
    マリリン
    2021年03月18日
    41人がナイス!しています
  • 新書。 養老先生と久石氏という自分にとっては小躍りするような夢の対談。それぞれに作品を愛する身であるが、本書において繰り広げられる話題の数々はビリビリするような刺激であふれていた。 なぜものをみて良 新書。 養老先生と久石氏という自分にとっては小躍りするような夢の対談。それぞれに作品を愛する身であるが、本書において繰り広げられる話題の数々はビリビリするような刺激であふれていた。 なぜものをみて良いと思うのか。なぜ音楽を聴いて良いと思うのか。根本的な問題が非常に科学的に分析されていて感動した。目が認識する空間性と耳が認識する時間性。その逆がないという事実。そう、音楽というのは論理を段階的に説くという形であるとも言える。 「見て感動するより、聴いて感動する方がよっぽど多いんです」 …続きを読む
    akira
    2016年12月27日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品