角川つばさ文庫

ぼくとレギオスの旅2 生まれゆく都市

迷ってもいいんだ。迷うことも大事なんだ。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年09月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
248
ISBN:
9784046310538
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

ぼくとレギオスの旅2 生まれゆく都市

迷ってもいいんだ。迷うことも大事なんだ。

  • 原案 雨木 シュウスケ
  • 著者 川村 ひであき
  • イラスト 今野 隼史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年09月15日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
248
ISBN:
9784046310538

迷ってもいいんだ。迷うことも大事なんだ。

将来の職業を探して旅に出たアッシュと将来は〈移動都市〉になることが決まっている電子精霊のステラ、それと不思議少女ニルフィリアはさまざまな移動都市をめぐる。今回立ち寄ったのは学園都市マイアスだった……。

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくとレギオスの旅2 生まれゆく都市」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 結局ニルフィリアは何でステラらに接触したのか分からない。これで終わりみたいだし。 結局ニルフィリアは何でステラらに接触したのか分からない。これで終わりみたいだし。
    セリカ
    2017年12月21日
    1人がナイス!しています
  • 旅の最後がレイフォンたちのいる学園都市だったの言うのが良かったかな。 しかし児童文学で料理ネタは鉄板なのか。 旅の最後がレイフォンたちのいる学園都市だったの言うのが良かったかな。 しかし児童文学で料理ネタは鉄板なのか。
    METHIE
    2012年06月29日
    1人がナイス!しています
  • 主人公がヘタレと言うかエゴまみれなのだが、子供ってこんなもんだよな、とも思う/これで終わりかよ! 主人公がヘタレと言うかエゴまみれなのだが、子供ってこんなもんだよな、とも思う/これで終わりかよ!
    吉兆
    2010年03月22日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品