角川つばさ文庫

ぼくとレギオスの旅1 歩行する都市

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月11日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784046310323
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川つばさ文庫

ぼくとレギオスの旅1 歩行する都市

  • 原案 雨木 シュウスケ
  • 著者 川村 ひであき
  • イラスト 今野 隼史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月11日
判型:
新書判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784046310323

ぼくの住む都市は生きているんだ。大人気原作のオリジナルストーリー

将来何になりたいか迷っている十歳の少年アッシュは、自分らしい「都市」になるために旅に出る電子精霊の少女ステラに便乗して、生まれ故郷を出発する。途中で不思議少女ニルフィリアがなぜか二人につきまとい……。

メディアミックス情報

NEWS

「ぼくとレギオスの旅1 歩行する都市」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • レギオスの初心者向けとして非常に優秀、ラスト辺りMOTHERシリーズを彷彿とさせるのだがやはり少年の冒険で音楽が関わるとそうなってしまうのだろうか。 レギオスの初心者向けとして非常に優秀、ラスト辺りMOTHERシリーズを彷彿とさせるのだがやはり少年の冒険で音楽が関わるとそうなってしまうのだろうか。
    METHIE
    2012年06月13日
    1人がナイス!しています
  • kobo kobo
    rin
    2016年10月13日
    0人がナイス!しています
  • 世界は汚染され、人間は「歩く都市」に住む。そんな世界を電子精霊の少女と無生物と会話できる少年が旅する物語、の設定説明と第一話と言った感じ。後半のバンド話に出てくるトランは悪役にしても大分わざとらしい。 世界は汚染され、人間は「歩く都市」に住む。そんな世界を電子精霊の少女と無生物と会話できる少年が旅する物語、の設定説明と第一話と言った感じ。後半のバンド話に出てくるトランは悪役にしても大分わざとらしい。 …続きを読む
    suzuki-takefumi
    2013年09月23日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品