絵のない絵本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042165057

絵のない絵本

  • 著者 アンデルセン
  • 訳者 川崎 芳隆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年06月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784042165057

永遠の名作、新装版で登場。

私は都会の屋根裏部屋で暮らす貧しい絵描き。ひとりの友もなく、毎晩寂しく窓から煙突を眺めていた。ところがある夜、月がこう語りかけてきた――僕の話を絵にしてみたら。アンデルセンの傑作連作短編集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「絵のない絵本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 物語は、月の目線で語られます。様々な国の夜を旅した月が、自分の見てきたことについて、絵かきに話します。本の終盤で、小さい女の子が「日々のパンを与えたまえ」とお祈りした後「出来ればパンにバターもたくさん 物語は、月の目線で語られます。様々な国の夜を旅した月が、自分の見てきたことについて、絵かきに話します。本の終盤で、小さい女の子が「日々のパンを与えたまえ」とお祈りした後「出来ればパンにバターもたくさんつけてください」と付け足した所はいいなと思いました。 …続きを読む
    マンセイ堂
    2013年07月13日
    29人がナイス!しています
  • 月のお話は絵本さながらの美しい語りで、時間に囚われないものばかりでしたが、ものがたりを全て読解できるほどの容量が私の頭には今現在ないなと感じさせられる本でもありました。旅を愛したアンデルセンの生涯が後 月のお話は絵本さながらの美しい語りで、時間に囚われないものばかりでしたが、ものがたりを全て読解できるほどの容量が私の頭には今現在ないなと感じさせられる本でもありました。旅を愛したアンデルセンの生涯が後半に載っていたのでこちらの方を先に読んでから物語を読んでもいいかなという感じです。月が中国で見た話が個人的に好きでした。 …続きを読む
    とめ
    2014年11月24日
    25人がナイス!しています
  • 子どもの頃にはアンデルセンの『絵のない絵本』というのはなんとつまらない本だろうと思っていたのだが、大人になって読んでみるとすごく素晴らしい。月が語る各地での出来事の多くがどれもみな哀しくて、そして切な 子どもの頃にはアンデルセンの『絵のない絵本』というのはなんとつまらない本だろうと思っていたのだが、大人になって読んでみるとすごく素晴らしい。月が語る各地での出来事の多くがどれもみな哀しくて、そして切ないほどに美しい。大人になるということは、人生の哀しさというのを知ることであり、一方でその美しさも知るということなのだろう。晩年のアンデルセンは「わたしの一生は、ゆたかで幸福でした。それはまるで美しい童話そのものです」と言った。いくたびかの失恋で一生独身を貫いた彼が幸福だったとは思えない。夢見る詩人であった。 …続きを読む
    シュラフ
    2016年02月13日
    22人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品