Yの悲劇

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784042507161

Yの悲劇

  • 著者 エラリー・クイーン
  • 訳者 越前 敏弥
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2010年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
432
ISBN:
9784042507161

推理小説史上、最高傑作と呼ばれる大作が、ついに新訳で登場!

大富豪ヨーク・ハッターの死体が港で発見される。毒物による自殺だと考えられたが、その後、異形のハッター一族に信じられない惨劇がふりかかる。ミステリ史上最高の傑作が、名翻訳家の最新訳で蘇る。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「Yの悲劇」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 超久しぶりの再読。改めて読むと、フーダニット(犯人当て)ミステリとしては相当な傑作だ。忌まわしき性質を持つ一族ハッター家で起きた連続毒殺未遂事件と、マンドリンという不可解な狂気による一族のドンである祖 超久しぶりの再読。改めて読むと、フーダニット(犯人当て)ミステリとしては相当な傑作だ。忌まわしき性質を持つ一族ハッター家で起きた連続毒殺未遂事件と、マンドリンという不可解な狂気による一族のドンである祖母の殴打殺人。犯人の目的は何か? なぜ凶器にマンドリンを選んだのか? すべての出来事が不可解なまでに「ちぐはぐ」だが、それこそが著者が読者に提供している最大のヒントであり、驚くべき真犯人へと導く手がかりとなっている。最後の最後にいくつかのちょっとした謎が残されるが、ミステリ好きならまず満足できる一作。 …続きを読む
    徒花
    2016年08月15日
    437人がナイス!しています
  • 不朽の名作の新訳。ハッター夫人殺害時の、共犯説を否定していくロジックは何度読んでも痺れる。意外な犯人と、静かなインパクトのあるラスト(特に、ここで語られる犯人の\変遷\が強烈に残る)等、どれもその通り 不朽の名作の新訳。ハッター夫人殺害時の、共犯説を否定していくロジックは何度読んでも痺れる。意外な犯人と、静かなインパクトのあるラスト(特に、ここで語られる犯人の\変遷\が強烈に残る)等、どれもその通りだが、傑作足り得た最大の要因は、ハッター家の人々そのものだと考えている。彼らや彼女らが造形され、物語の中で一人歩きを始めた時に、名作として確定したのだろう。本格ミステリ特有の抑えられた筆致の中で、禍々しさや違和感をじわじわと醸す不気味な一族。誰もがハマり役で、悲劇舞台を覗きに来た観客の目を捉えて離さない。 …続きを読む
    W-G
    2016年09月17日
    359人がナイス!しています
  • ★★★★★ 初めて読んだのは12歳くらいの時だが、もの凄い衝撃を受けた本。 再読して少し印象が変わったが、不朽の名作だという思いに変わりはない。 今から思えば犯人自体の謎(フーダニット)より、なぜ ★★★★★ 初めて読んだのは12歳くらいの時だが、もの凄い衝撃を受けた本。 再読して少し印象が変わったが、不朽の名作だという思いに変わりはない。 今から思えば犯人自体の謎(フーダニット)より、なぜマンドリンを凶器に選んだか(ワイダニット)が鮮やか。 そして真相に気付き苦悩するレーンが悲しい。 彼が最後に選んだ幕引きをどう評価するかで、作品の評価も変わるだろう。 ちなみに、アガサ・クリスティはこの作品にかなり影響を受けたと思われ、犯人像を真似たものと結末を真似たものをそれぞれ書いている。 …続きを読む
    Kircheis
    2019年09月27日
    200人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品