ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784044810108

ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主

  • 著者 日日日
  • イラスト エナミ カツミ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月30日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784044810108

ハイパー・モンスターガール、ジグちゃん登場!

狂気の人体実験によって、全身にモンスターの器官を移植された”怪造人間”の少女ジグ。生体兵器として造られ、犯罪に手を染める彼女であったが、ダメ男・空井滅作との出逢いによって人間性を確立しはじめ──。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ジャンクガール・ジグ (1)あたしの飼い主」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もっと早く読めば良かった〜具体的にはアンダカ読み終わった直後に! アンダカ読んでる時に感じてた滅作と伊織のイメージがいい感じで崩壊してたのが良かった! 後 、電話の伊織ちゃんのツンが… 下手すると もっと早く読めば良かった〜具体的にはアンダカ読み終わった直後に! アンダカ読んでる時に感じてた滅作と伊織のイメージがいい感じで崩壊してたのが良かった! 後 、電話の伊織ちゃんのツンが… 下手すると日日日の作品で一番好きかも。 後、「300円は、高すぎる」が良かった。 …続きを読む
    鬼神ザビエル
    2015年05月27日
    4人がナイス!しています
  • ハードボイルドを謳った本作品であり、アンダカを読まない人も楽しめるとか書いてありますが、はっきり言ってアンダカ読んでない人には微妙だと思います。と言うよりは、アンダカを読んでない人が読んでもハードボイ ハードボイルドを謳った本作品であり、アンダカを読まない人も楽しめるとか書いてありますが、はっきり言ってアンダカ読んでない人には微妙だと思います。と言うよりは、アンダカを読んでない人が読んでもハードボイルド(?)を意識して書いただけの中途半端で凡庸なライトノベルに終わりますが、アンダカを読んだ上で番外編を楽しむ目的で手に取った読者にとってはちゃんと楽しめる作品だと思います。本編で語られなかったことが補完されてますし。評価するならやっぱりアンダカシリーズの延長としておもしろいと言わざるを得ませんね。 …続きを読む
    風見鶏
    2010年10月31日
    2人がナイス!しています
  • 買ってからしばらく積んでいた本。アンダガの過去に当たるお話。ジグは爆川らしいけど、昔のほうが可愛らしかった。その他にもいろいろなキャラの昔が分かって面白かった。滅作さんも予想以上に主人公している上で、 買ってからしばらく積んでいた本。アンダガの過去に当たるお話。ジグは爆川らしいけど、昔のほうが可愛らしかった。その他にもいろいろなキャラの昔が分かって面白かった。滅作さんも予想以上に主人公している上で、大人の世界らしくアンダガよりも不条理な話だった。それでも滅作と宇宙木とジグのトリオがバランス取れていて次も楽しみ。 …続きを読む
    はち2
    2014年12月30日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品