うつうつひでお日記 その後

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
コミック
ページ数:
170
ISBN:
9784048542463

うつうつひでお日記 その後

  • 著者 吾妻 ひでお
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
四六判
商品形態:
コミック
ページ数:
170
ISBN:
9784048542463

『うつうつひでお日記』の続編がついに登場!

吾妻ひでおが2006年12月以降から、ほぼ毎日ノートに書き溜めてきた日記とイラストを収録! 『失踪日記』発表後も、相変わらず読書とテレビと抗うつ剤の日々。日常生活に変化のない、あじま先生だったが……!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「うつうつひでお日記 その後」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 漫画家・吾妻ひでおの2006年12月から2008年3月までの日記。2007年7月までは文章が多い日記だが、その時に救急車で運ばれて以降は次第に絵が多い日記になる。この人の絵は嫌いじゃないが、少し残念で 漫画家・吾妻ひでおの2006年12月から2008年3月までの日記。2007年7月までは文章が多い日記だが、その時に救急車で運ばれて以降は次第に絵が多い日記になる。この人の絵は嫌いじゃないが、少し残念である。日記は身辺雑記だが、読書や映画・テレビの鑑賞日記でもあり、○△式の批評が楽しい。たまに入れる寸評が気になる。私も読んだり見たりしたものだと、意見の相違があったりして楽しい読書であった。私は漫画家ではないが、私の休日と同じような日々である。それを思うと何だか著者が好きになってしまうのであった。 …続きを読む
    4月から新職場の寺
    2014年11月08日
    29人がナイス!しています
  • このダラダラ感がたまらない。アル中再発の罠を避けながら、抗鬱剤の助けを借りながら綴る、綱渡りみたいな日記。それなのに、やたらのほほんとしている。昔喫茶店で吾妻ひでおを読んでいた頃の気分に戻っている事も このダラダラ感がたまらない。アル中再発の罠を避けながら、抗鬱剤の助けを借りながら綴る、綱渡りみたいな日記。それなのに、やたらのほほんとしている。昔喫茶店で吾妻ひでおを読んでいた頃の気分に戻っている事もあるが、失踪日記以来の独自の鉱脈はそう簡単には枯れないだろう。いつまでも描き続けて欲しい。エロの多さも今さら変える必要なし。このまま国宝級の変態ジジイとなって、我々後輩を煽り続けて欲しい。 …続きを読む
    ホークス
    2016年05月12日
    15人がナイス!しています
  • 「失踪日記」からのファンです。なのでコアな方たちからは叩かれる層、なのでしょうか。文章とイラストとひとこまマンガ。少しだけ仕事、じゃじゃ麺、ドトール、図書館、本屋。読書。わたしもこのくらいの仕事量で生 「失踪日記」からのファンです。なのでコアな方たちからは叩かれる層、なのでしょうか。文章とイラストとひとこまマンガ。少しだけ仕事、じゃじゃ麺、ドトール、図書館、本屋。読書。わたしもこのくらいの仕事量で生活したい。GW中、本日が唯一の休日なのでした(マジ)。日本どうかしてるぜ。 …続きを読む
    ぽち
    2016年05月02日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品