横溝正史読本

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041382165

横溝正史読本

  • 編者 小林 信彦
  • デザイン 杉本 一文
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041382165

本書を読まずに横溝正史を語るなかれ!

名探偵・金田一耕助のモデルは? 『獄門島』『八墓村』ほかのトリックはどのように思いついたか? 作家・小林信彦氏相手に主要作品の舞台裏を初めて明かす!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「横溝正史読本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • マニア本。横溝作品はもちろん海外古典のネタバレ超大量なので、これから横溝や海外古典読む方はこれは後回しにしたほうがいいんじゃないかな~。多分話を理解するのも難しいと思う。私はかなり読んでるほうなので問 マニア本。横溝作品はもちろん海外古典のネタバレ超大量なので、これから横溝や海外古典読む方はこれは後回しにしたほうがいいんじゃないかな~。多分話を理解するのも難しいと思う。私はかなり読んでるほうなので問題なく楽しめました。乱歩ファンなので晩年の乱歩の話が切ない。古い版は横溝先生の日記つき、オープンすぎて受けた(笑)。安吾「不連続殺人事件」がスタイルズ荘だと横溝先生がおっしゃってて、私はナイルと思ったからびっくりしたけど、実はスタイルズ荘とナイルって似てるのね~。それにしても横溝先生の柔和な笑顔には癒される! …続きを読む
    **くま**
    2014年05月16日
    19人がナイス!しています
  • 横溝正史じゃないんだけど横溝角川文庫でナンバリングされている1冊。通し番号99。赤い装丁のレア本「赤本」と黒い装丁の改訂版「黒本」(日記が削除されてる)がある。目玉は小林信彦と横溝正史の長編インタビュ 横溝正史じゃないんだけど横溝角川文庫でナンバリングされている1冊。通し番号99。赤い装丁のレア本「赤本」と黒い装丁の改訂版「黒本」(日記が削除されてる)がある。目玉は小林信彦と横溝正史の長編インタビュー。戦前戦後の日本探偵小説の黎明期や当時の作家達との交流話や、著作権?ベルヌ条約?何それ美味しい?な戦前雑誌事情の話もカオスで楽しい。有名古典ミステリも含めた絨毯爆撃的にネタバレ解説対談も濃くて良い。歴史資料的にも貴重な本なんですが、横溝文庫でコレは電子化されてなくて絶版状態なんですねえ…。 …続きを読む
    Kouro-hou
    2014年05月04日
    13人がナイス!しています
  • 横溝正史自身がこんなに面白い人だったとは。金田一シリーズが疎開先で書かれた事は知っていたが,それ以前に雑誌の編集を経験し海外の探偵小説、推理小説を深く読み込まれているのが良くわかる。戦前戦後の小説家た 横溝正史自身がこんなに面白い人だったとは。金田一シリーズが疎開先で書かれた事は知っていたが,それ以前に雑誌の編集を経験し海外の探偵小説、推理小説を深く読み込まれているのが良くわかる。戦前戦後の小説家たちとの交流も面白いが何より日本の探偵小説黎明期から今日までの歴史が面白い。 …続きを読む
    なつき
    2013年08月13日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品