ホテル・ラヴィアンローズ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年05月07日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048670074

ホテル・ラヴィアンローズ

  • 著者 高遠 琉加
  • イラスト 北上 れん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年05月07日
判型:
A6判
商品形態:
文庫
ページ数:
322
ISBN:
9784048670074

メディアミックス情報

NEWS

「ホテル・ラヴィアンローズ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 長編かと思っていたのですが、青→赤→薔薇色と時代を遡って『ホテル・ラヴィアンローズ』に纏わるお話が収録されている短編集でした。一番薔薇色が好きかな。もっとじっくりと二人の関係、そしてホテルを営業してか 長編かと思っていたのですが、青→赤→薔薇色と時代を遡って『ホテル・ラヴィアンローズ』に纏わるお話が収録されている短編集でした。一番薔薇色が好きかな。もっとじっくりと二人の関係、そしてホテルを営業してからのお話も読んでみたかったです。三作とも心地よい読了感でお気に入り。 …続きを読む
    chocokuma
    2015年02月25日
    23人がナイス!しています
  • 1作ずつ時代を遡っていく、ホテル「ラヴィアンローズ」を舞台にした3作品。青色・赤色・薔薇色、それぞれに違う種類の切なさと幸せがつまってる。心理描写や時系列の組み合わせ、高遠さんの作り出す世界に胸を掴ま 1作ずつ時代を遡っていく、ホテル「ラヴィアンローズ」を舞台にした3作品。青色・赤色・薔薇色、それぞれに違う種類の切なさと幸せがつまってる。心理描写や時系列の組み合わせ、高遠さんの作り出す世界に胸を掴まされた。特にラストが薔薇色っていうのがよかったな。短いけれど原点となる物語、とても印象的で優しくて…締めに素晴らしいと思う。読み終えてから、それぞれの思い出が残るこのホテルはもうないんだと思うとぎゅーっと胸が切なくなるなぁ。でもその余韻が好きだ。どれもほろりと泣かされる素敵な物語だった。 …続きを読む
    さち
    2010年06月24日
    11人がナイス!しています
  • 三編収録されててどの話も好きでしたが特に青が良かった。清くて真っ直ぐで、でも無力なためにどうにも出来ない未成年特有の焦燥があったと思う。収録の順番も好きです。ラスト読んだ後にまた最初に戻ってホテルの事 三編収録されててどの話も好きでしたが特に青が良かった。清くて真っ直ぐで、でも無力なためにどうにも出来ない未成年特有の焦燥があったと思う。収録の順番も好きです。ラスト読んだ後にまた最初に戻ってホテルの事を思うと考え深い。好きな一冊。 …続きを読む
    e r i .
    2013年05月28日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品