荒俣宏の裏・世界遺産2 イギリス魔界紀行 ――妖精と魔女の故郷へ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041690406

荒俣宏の裏・世界遺産2 イギリス魔界紀行 ――妖精と魔女の故郷へ

  • 著者 荒俣 宏
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041690406

ミステリーサークル、妖精、魔女……不思議いっぱいのイギリスへ!

イギリスでは、今でもまことしやかに幽霊話や怪奇現象が語られ、生活の中にファンタジーが深く根ざしている。ミステリアスな風土と歴史を紹介し、妖精や幽霊に出会えるお薦めスポットを荒俣宏が案内する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「荒俣宏の裏・世界遺産2 イギリス魔界紀行 ――妖精と魔女の故郷へ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ストーンヘンジに代表される巨石群、魔女、レイライン、麦畑のミステリーサークル、(フランスのモン・サン・ミシェル的な)セント・マイケルズ・マウント、日本から始まった念写のこと、ロンドンのSPR(心霊調査 ストーンヘンジに代表される巨石群、魔女、レイライン、麦畑のミステリーサークル、(フランスのモン・サン・ミシェル的な)セント・マイケルズ・マウント、日本から始まった念写のこと、ロンドンのSPR(心霊調査協会)、第二次大戦中に生まれたグレムリン。、幽霊よりは遺跡と自然が作り出した風景が素晴らしい。 …続きを読む
    遊未
    2015年02月09日
    3人がナイス!しています
  • 風水を押し出した「帝都物語」の作者らしい本でした。イギリスにハリーポッターなどのイメージを持っている人は、楽しく読めるのではないかと。イギリスとい国が、オカルトに対して業が深い事が分かります。まあ、オ 風水を押し出した「帝都物語」の作者らしい本でした。イギリスにハリーポッターなどのイメージを持っている人は、楽しく読めるのではないかと。イギリスとい国が、オカルトに対して業が深い事が分かります。まあ、オカルトに限らん気もしますが…。それにしてもミステリーツアーは行ってみたい。面白そう。まさにオタクを惹きつける国、イギリスって感じでした。 …続きを読む
    N.K
    2016年07月02日
    2人がナイス!しています
  • ケルトの小人、妖精、ストーンヘンジ、ミステリーサークル、魔女、ピーターパン、コナンドイル、グレムリン、ハリーポッター、ロンドンの幽霊産業…と、イギリス民俗学という感じの本。著者が博学すぎるので十分面白 ケルトの小人、妖精、ストーンヘンジ、ミステリーサークル、魔女、ピーターパン、コナンドイル、グレムリン、ハリーポッター、ロンドンの幽霊産業…と、イギリス民俗学という感じの本。著者が博学すぎるので十分面白い。写真資料が多いのも良い。 …続きを読む
    ryota
    2015年01月20日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品