試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784042141198

第三若草物語

  • 著者 L・M・オルコット
  • 訳者 吉田 勝江
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784042141198

ジョーのつくった子どもたちの家の物語。

わんぱく小僧のトミー、乱暴者のダン、心優しいデミとデイジー、おてんばなナン……子どもたちの引き起こす事件でプラムフィールドはいつも賑やか。心温まる名作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「第三若草物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私もジョー夫婦の経営するプラムフィールドの学園に入学したかった。14人の少年少女達がその個性をきちんと活かされながら 其々の性格に適った生き方を ジョーと夫のベア先生に導かれていく様が 最高!!!14 私もジョー夫婦の経営するプラムフィールドの学園に入学したかった。14人の少年少女達がその個性をきちんと活かされながら 其々の性格に適った生き方を ジョーと夫のベア先生に導かれていく様が 最高!!!14人もの子供にできたのだから 我が家の3人にもできた筈、、、苦笑。この時代の遊びというと 今とは違って 周辺にある物で工夫を凝らす。大きい子が 小さい子の面倒を見るのは当たり前で 良い事も悪い事も踏襲され、小さい子は 大きい子の様子を見て やる事を取捨選択する。そして 好きな事をノビノビさせる!!!うーん良かぁ …続きを読む
    おか
    2018年11月30日
    64人がナイス!しています
  • 物語の主役は四姉妹からプラムフィールドの子どもたちへと移る。子どもたちの個性が生き生きと輝いていて、私は第三作も第四作も好きだ。子どもたちの愉快な遊びや突拍子も無い失敗に一喜一憂し、ジョーとベア先生の 物語の主役は四姉妹からプラムフィールドの子どもたちへと移る。子どもたちの個性が生き生きと輝いていて、私は第三作も第四作も好きだ。子どもたちの愉快な遊びや突拍子も無い失敗に一喜一憂し、ジョーとベア先生の温かな愛情によって彼らが開花してゆく姿に目を細めずにはいられない。大人になって読み返すと、『若草物語』の教訓は宗教色が濃かったり現代の価値観にはそぐわなかったりする面もあるのだが、それでもベア先生の教えには変わらず人の心を動かすものが宿っている。子どもたちが素直にそれを吸収するのに何度はっとさせられたことか。 …続きを読む
    ユメ
    2018年11月10日
    42人がナイス!しています
  • 名作アニメ劇場で放映されていた「ナンとジョー先生」を思い出しながら読んだ。お転婆で頑固で男の子みたいだったジョーが立派な婦人になって夫と共に学校経営に挑む。様々な問題を抱えた子どもたちが、心を通わせる 名作アニメ劇場で放映されていた「ナンとジョー先生」を思い出しながら読んだ。お転婆で頑固で男の子みたいだったジョーが立派な婦人になって夫と共に学校経営に挑む。様々な問題を抱えた子どもたちが、心を通わせることで徐々に仲間になっていく様が感動的だ。信頼や誠実、愛情など、普遍的なものを真摯に描いている。 …続きを読む
    はるき
    2016年02月21日
    15人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品