海底二万海里 (下)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042022114

海底二万海里 (下)

  • 著者 ヴェルヌ
  • 訳者 花輪 莞爾
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2009年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784042022114

驚異と神秘に満ちた、海底世界の旅へ!

海に放り出されたアロナクス教授は、その怪物が想像を超えた科学潜水艦であると知る。「ノーチラス号」に囚われの身となりながら、教授は神秘的な深海への航海へのめり込んでゆく--。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「海底二万海里 (下)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小学校の時、初めてちゃんと読んだ本。再読。思ってたよりガチ。あと女っけがないので萌え要素が不足。しかたなくコンセーユとネッド・ランドに萌える。魚雑学に富んでいて、読んでいてかったるい。冒険パートと知識 小学校の時、初めてちゃんと読んだ本。再読。思ってたよりガチ。あと女っけがないので萌え要素が不足。しかたなくコンセーユとネッド・ランドに萌える。魚雑学に富んでいて、読んでいてかったるい。冒険パートと知識パートで明らかに読むスピードに差が出て草。旅に出たくなる。日常から離れて、ちょっとアカデミックな気分になりながら知的好奇心に囲まれて……。冒険小説として秀逸。ノーチラス号に乗ってみたい。あとネモ艦長、萌え要素の固まりだったのに何故か萌えなかった。インド人だったんですね。知りませんでした。 …続きを読む
    吉野ヶ里
    2015年08月20日
    10人がナイス!しています
  • いや~凄かったです。上巻も素晴らしかったですが、下巻の後半の展開はハラハラドキドキ、映画を観ているかのようです。コンセーユの飽くなき分類、教授の解説、難しい地名など読みにくい点は多々ありました。それを いや~凄かったです。上巻も素晴らしかったですが、下巻の後半の展開はハラハラドキドキ、映画を観ているかのようです。コンセーユの飽くなき分類、教授の解説、難しい地名など読みにくい点は多々ありました。それを考慮しても古くささは無く、まさに冒険小説の鉄板。訳者のあとがきも印象的です。ネモ船長と教授たちは、科学の進化に飲み込まれ、翻弄され続ける人類を反映しているのかもしれません。いずれにしても、素晴らしい海底探検でした。 …続きを読む
    りゅ-すけ@読書の秋、本番。
    2013年06月03日
    9人がナイス!しています
  • 下巻は終始ノーチラス号の中で物語が展開される。世界中の海を渡っているとはいえ、潜水艦というただ一つの舞台でこれほどまでに長い物語を創り出せるなんて、物語の大半が描写部分であるとしても、ヴェルヌの想像力 下巻は終始ノーチラス号の中で物語が展開される。世界中の海を渡っているとはいえ、潜水艦というただ一つの舞台でこれほどまでに長い物語を創り出せるなんて、物語の大半が描写部分であるとしても、ヴェルヌの想像力は豊かだなと感じた。ただ、日本文学にはあまりこんなにも長い描写はないように思われるが、外国文学特有のものなのだろうか。魚の知識も幅広いし、ヴェルヌは一体何者なのか。読み終わっても少しばかり謎は残るままであるが、やはり全てが解き明かされるよりも、謎の部分がある方が物語に余韻が出て良いのかもしれない。 …続きを読む
    2019年10月28日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品