火の国、風の国物語2 風焔相撃

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年01月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
372
ISBN:
9784829132531

火の国、風の国物語2 風焔相撃

  • 著者 師走 トオル
  • イラスト 光崎 瑠衣
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年01月19日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
372
ISBN:
9784829132531

アレスを襲う危機。そして描かれるジェレイドの闘い。好評第二弾!

ベールセール王国の領土内でも鉄壁の要塞とされるトゥールスレーン城塞。そこを攻め落とそうと画策するジェレイドと風の戦乙女率いる反乱軍。一方、先の戦で手柄を立てたアレスは、軍功の報告のために王都へ向かう!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火の国、風の国物語2 風焔相撃」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • アレスたち王国軍とジェレイドたち反乱軍がトゥールスレン平原でぶつかりあう…な話。今回はアレスよりも反乱軍サイドに重きを置いているからか前回とは違った読みごたえがありました。ミーアという強大な力を使うキ アレスたち王国軍とジェレイドたち反乱軍がトゥールスレン平原でぶつかりあう…な話。今回はアレスよりも反乱軍サイドに重きを置いているからか前回とは違った読みごたえがありました。ミーアという強大な力を使うキャラの視点で見ると、アレスは悪魔の言葉が相応しいくらいに規格外の存在だとい事がよく分かりますね。主人公側に有能な人材が少ないのも何か納得できました。ミーアとアレスが正面からぶつかり合う日が来るのが楽しみ。次巻も期待してます。 …続きを読む
    まりも
    2015年05月28日
    36人がナイス!しています
  • 王国軍の英雄<赤の悪魔憑き>アレスと反乱軍の英雄<風の戦乙女>が本格的に激突する2巻。面白かった!トゥールスレンという難攻不落の城砦を巡って行われる攻防戦。アレスの力とミーアの力がギリギリのところでバ 王国軍の英雄<赤の悪魔憑き>アレスと反乱軍の英雄<風の戦乙女>が本格的に激突する2巻。面白かった!トゥールスレンという難攻不落の城砦を巡って行われる攻防戦。アレスの力とミーアの力がギリギリのところでバランスを保ってるのが面白かった要因だと思う。難攻不落の城砦をミーアの力で奪い、会戦ではジェレイド渾身の策略で敵本陣を手薄にして急襲、しかし反乱軍の完勝になりそうなところにアレスが割って入ると。1巻の戦闘が完全に主人公に華を持たせるものだったのに対し、二人の英雄の規格外の力を+αした戦記展開は及第点だった。 …続きを読む
    S.T.
    2016年07月26日
    12人がナイス!しています
  • 反乱軍も強いねぇ…でも最後におもいっきり血吐いてたけど大丈夫なんか?次巻の主役なんやろ? 反乱軍も強いねぇ…でも最後におもいっきり血吐いてたけど大丈夫なんか?次巻の主役なんやろ?
    草薙香里
    2018年06月18日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品