試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2008年01月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044534011

小説家は我が儘につき

  • 著者 秀 香穂里
  • イラスト 陸裕 千景子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2008年01月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044534011

強引で我が儘小説家×勝ち気なコンシェルジュの危ないセクシャル・ラブ!

コンシェルジュとして働く篝貢継のホテルに、人気作家で昔、篝を苛めていた古谷有司が滞在することに。変わらぬ傲慢な態度で無理な命令をされ、しかも「俺の専属になれば小説の続きを書く」と脅し身体を求められ――

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「小説家は我が儘につき」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読了 読了
    りんご☆
    2017年09月18日
    12人がナイス!しています
  • いじめっ子×意地っ張りw受けの篝はコンシェルジュだけど、コンシェルジュとしての仕事描写は少なめ。傲慢で我が儘なVIP・古谷の専属メイドみたいにされちゃってるので自分の本来の業務が出来ない(笑)強引な命 いじめっ子×意地っ張りw受けの篝はコンシェルジュだけど、コンシェルジュとしての仕事描写は少なめ。傲慢で我が儘なVIP・古谷の専属メイドみたいにされちゃってるので自分の本来の業務が出来ない(笑)強引な命令で篝を困らせ怒らせ疲弊させてる古谷だけど、悪意はまったくないので安心して読める。幼い頃のエピでも現在のエピでも古谷の感情は読者にダダモレ。かまいたくてしょうがないってのが伝わってくるから。Hシーンは秀さんがエロを楽しんで書いたのがよくわかる濃さだったwたっぷりなあとがきも秀さんの萌え語りが楽しかった。 …続きを読む
    那義乱丸
    2012年06月07日
    9人がナイス!しています
  • なんとなく再読。改めて読むと秀さんがルビーで書いたらこうなるのかと納得してみたり。同じテーマで他レーベルで書くとまた違うんだろうなー なんとなく再読。改めて読むと秀さんがルビーで書いたらこうなるのかと納得してみたり。同じテーマで他レーベルで書くとまた違うんだろうなー
    諏訪 聖
    2014年03月14日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品