試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784829119600

沙の園に唄って

  • 著者 手島 史詞
  • イラスト 井戸端 海二
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年09月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
340
ISBN:
9784829119600

少女は運命の<詞>に耳を澄ました--。第19回ファンタジア大賞佳作!

3年前に記憶と故郷を失い、"森の魔女"と恐れられてきた少女リッカ。優しい唱術士と無愛想な傭兵に出会い、自分が伝説の「神子」だと知るが――。<詞>が織りなす美しき第19回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「沙の園に唄って」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この作家さんのデビュー作、やっと読んだ。最近はよく読む作家さんだけど、デビュー作を読むと、ルーツがわかる気がするよね。もちろん、今のほうが断然うまくはなってるとは思うけど。結構よい本だと思った。 この作家さんのデビュー作、やっと読んだ。最近はよく読む作家さんだけど、デビュー作を読むと、ルーツがわかる気がするよね。もちろん、今のほうが断然うまくはなってるとは思うけど。結構よい本だと思った。
    みどり
    2017年06月30日
    4人がナイス!しています
  • この頃はまだ編集部の解説がついていたんだよなあ( ̄▽ ̄) この頃はまだ編集部の解説がついていたんだよなあ( ̄▽ ̄)
    みるく
    2015年08月01日
    1人がナイス!しています
  • 再読。雰囲気が好き。既存の色々な話を彷彿とさせるけれど。恋愛色が強いかな。カノンの不器用な優しさがいい。オボロは盲目の設定無くても良かったんじゃないかと。 再読。雰囲気が好き。既存の色々な話を彷彿とさせるけれど。恋愛色が強いかな。カノンの不器用な優しさがいい。オボロは盲目の設定無くても良かったんじゃないかと。
    雪璃
    2014年02月26日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品