呪怨 パンデミック

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784043572168

呪怨 パンデミック

  • 著者 大石 圭
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
338
ISBN:
9784043572168

はじめて明かされる伽椰子の出生の秘密!

『呪怨』シリーズで一躍世界のトップ監督の仲間入りを果たした清水崇監督の最新作『THE GRUDGE2』を完全のノベライズ!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「呪怨 パンデミック」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • もういいかげんあきちゃった。一番最初のが霊的なものと、かやこの性格的なものと両方ぞっとして面白かったけど、ただただ人が死ぬだけのものになり下がってる気がする。ノベライズだからストーリーは仕方ないけど、 もういいかげんあきちゃった。一番最初のが霊的なものと、かやこの性格的なものと両方ぞっとして面白かったけど、ただただ人が死ぬだけのものになり下がってる気がする。ノベライズだからストーリーは仕方ないけど、大石さんの力でもう少し楽しませてほしかった …続きを読む
    いっちゃん
    2013年10月11日
    3人がナイス!しています
  • 相変わらず怖かった…。それに尽きます。 相変わらず怖かった…。それに尽きます。
    そのぼん
    2011年07月15日
    3人がナイス!しています
  • オーブリーの姉カレンは日本で暮らしていた。彼女はなんと家に放火した容疑者として囚われていた。母の願いで、姉を助けるため単身日本へ向かうが、そこで待っていたのは想像を絶する恐怖だった。そして、呪いは病の オーブリーの姉カレンは日本で暮らしていた。彼女はなんと家に放火した容疑者として囚われていた。母の願いで、姉を助けるため単身日本へ向かうが、そこで待っていたのは想像を絶する恐怖だった。そして、呪いは病のように感染していく。THE JUON(THE GRUDGE)の続編、THE GRUDGE2のノベライズ小説。さまざまな登場人物が出るが、主軸はカレンの妹オーブリーと見ていいと思う。ストーリー編成は日本の呪怨2と大筋は一緒。ただこちらの方が困難に打ち勝とうと前進している、という印象があった。 …続きを読む
    dotkawahagi_bk
    2019年07月10日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品