月光スイッチ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048737623

月光スイッチ

  • 著者 橋本 紡
  • デザイン 鈴木成一デザイン室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年03月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
232
ISBN:
9784048737623

例えば月の明かりを灯すように――、世界を少しだけ変えるスイッチがある

セイちゃんの奥さんが子供を産むために実家に帰っている一ヶ月半、新婚生活(仮)が始まる。待ち望んでいた、二人だけの穏やかな日々、なのに――。例えば月を灯すような、何かを変えるスイッチを探す、一夏の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「月光スイッチ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あれこれ宮下奈都?という感じの不倫を軸としたちょっとオトナ感の橋本紡。『もっとがんばりましょう』。まぁ個人的な好みの問題だけれど不倫をさらりと描いてしまうことにどうもモヤモヤする。主人公・香織のことを あれこれ宮下奈都?という感じの不倫を軸としたちょっとオトナ感の橋本紡。『もっとがんばりましょう』。まぁ個人的な好みの問題だけれど不倫をさらりと描いてしまうことにどうもモヤモヤする。主人公・香織のことを「いろいろ考えてるし、ちゃんと常識もある」という台詞があるけれど、いや奥さんが出産でいない彼氏の別宅で新婚生活(仮)をしちゃうヒトは常識ないでしょぉ(笑)。どこか欠落している登場人物たちの物語という意味では楽しめる部分はあるが、橋本紡の乾いた柔らかさで描かれても香織の欠落ぶりは許容できなかったなぁ …続きを読む
    おかむー
    2014年12月24日
    53人がナイス!しています
  • 不倫ものなのにドロドロ感がないのは、橋本さんの匙加減の塩梅がよかったのかもしれない。彼氏の事になると盲目になってしまうのもわかる。でもいつまでも無駄な授業料に人生を掛けていてもね~。今までは周りの人を 不倫ものなのにドロドロ感がないのは、橋本さんの匙加減の塩梅がよかったのかもしれない。彼氏の事になると盲目になってしまうのもわかる。でもいつまでも無駄な授業料に人生を掛けていてもね~。今までは周りの人を自分からシャットアウトしていたのかもね。普段触れ合わない部類の人間と言葉を交わすことで心の隙間が生まれたのかもしれない。恋はしないよりしたほうがいい。でも、キレイな恋をしないと自分の人生の汚点になっても悔しいし。ハナちゃんや弥生&睦月の魅力ある人たちに囲まれてこれからいいスタートが切れそうな香織を応援したい。 …続きを読む
    あつひめ
    2011年03月09日
    41人がナイス!しています
  • よくわかってるわ、橋本さん。二股かけられたとき、男は女を責めるんだけど、女は感情をもう一人の女に向けるんだよね!? ハナちゃんのママ・吉田さんもそうだし、セイちゃんの奥さんも憎しみを向ける先は香織だっ よくわかってるわ、橋本さん。二股かけられたとき、男は女を責めるんだけど、女は感情をもう一人の女に向けるんだよね!? ハナちゃんのママ・吉田さんもそうだし、セイちゃんの奥さんも憎しみを向ける先は香織だったりする。なんででしょうねえ?、わからなくもないけど。香織の文字通りオアシスになってしまった毎日をしっかり生きている弥生さんと睦月くんきょうだい、何かしら欠けたところがある登場人物ばかりの中で不思議な存在感を放っている。502の町野さん、猫と暮らす彼女のように、わたしもペンをとって手紙を書きたくなった。 …続きを読む
    Mumiu
    2013年03月31日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品