燃えるスカートの少女

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2007年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042968016

燃えるスカートの少女

  • 著者 エイミー・ベンダー
  • 訳者 管 啓次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2007年12月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042968016

強烈な才能を発揮し、作家・書評家たちを虜にした傑作短篇集、待望の文庫化

失われ、取り戻される希望。ぎこちなく、やり場のない欲望。慰めのエクスタシー。寂しさと隣合わせの優しさ――この世界のあらゆることの、儚さ、哀しさ、愛おしさを、少女たちの物語を通して描ききる。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「燃えるスカートの少女」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • どんなことばを尽くしても、唇をふさぐ等価がないならそこに求める愛はないの。あなたを顕微鏡で覗く日々に私のしあわせは存在しない。行きずりでいい、夢中でからだをしゃぶって崇めて。あまいお菓子で指先まで満た どんなことばを尽くしても、唇をふさぐ等価がないならそこに求める愛はないの。あなたを顕微鏡で覗く日々に私のしあわせは存在しない。行きずりでいい、夢中でからだをしゃぶって崇めて。あまいお菓子で指先まで満たして。汗にまみれたベッドではきっと今朝見た死も忘れるだろう。夜がネオンに照らされるから闇はここまではこない。何も考えないあなたのかわいい”子猫ちゃん”でいさせて。 …続きを読む
    ちなぽむ
    2019年12月10日
    167人がナイス!しています
  • 原題 “The Girl in the Flammable Skirt” 何度めかの再読。今回は原書と併読。 原題 “The Girl in the Flammable Skirt” 何度めかの再読。今回は原書と併読。
    (C17H26O4)
    2020年01月16日
    65人がナイス!しています
  • 松丸本舗で購入。多分今年のベスト10に入ると思う。1話目を読んでいて、「ベンジャミン・バトン・・・」か?と思っていたら、全く違っていた。SFでもファンタジーでもスリラーでもなく、独特の感性。発想は、自 松丸本舗で購入。多分今年のベスト10に入ると思う。1話目を読んでいて、「ベンジャミン・バトン・・・」か?と思っていたら、全く違っていた。SFでもファンタジーでもスリラーでもなく、独特の感性。発想は、自由奔放でありながら、泣きそうになり、どこまでも心の奥底に染み入ってくる。「マジパン」の父の穴、生まれる祖母、最後に動けない娘、この宙ぶらりん感がたまらない。薄もやの向こうに何かがあると確信しながら掴めないもどかしさ。そして、短編が進むに連れて加速感を増し「ポーランド語で夢を語る」でピークに達し、ふと着地する。 …続きを読む
    猪子恭治
    2011年01月17日
    63人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品