試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044061012

藤原定家の熊野御幸

  • 著者 神坂 次郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年08月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784044061012

歌人藤原定家の苦難の熊野詣紀行。22日間にわたる苦行は何だったのか。

熊野詣は、苦しければ苦しいほど来世の御利益が約束されるという非常に困難な旅であった。二流貴族の藤原定家が、不平不満を抱きながら後鳥羽院に同行した折の記録から、彼の人間的側面に迫った定家考。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「藤原定家の熊野御幸」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • これは神坂さんの歴史ものに分類されるのでしょう。後鳥羽院に同行を命じられた藤原定家の様々な準備などの状況が描かれています。定家はあまり体が強くなかったようで不安な心情を吐露しています。後鳥羽院は4度も これは神坂さんの歴史ものに分類されるのでしょう。後鳥羽院に同行を命じられた藤原定家の様々な準備などの状況が描かれています。定家はあまり体が強くなかったようで不安な心情を吐露しています。後鳥羽院は4度も熊野詣でを行ったようです。大変な準備とお金がかかったのでしょうね。それでも来世が保証されればということだったのでしょう。 …続きを読む
    KAZOO
    2016年03月16日
    120人がナイス!しています
  • 熊野への道行が古記録でどのように記されているか知りたくて手に取りました。名高い歌人の藤原定家が、こんな苦労をしていたとは・・・熊野への御幸の先払いとして、早朝から深夜まで走り回り、歌会への招集にも応え 熊野への道行が古記録でどのように記されているか知りたくて手に取りました。名高い歌人の藤原定家が、こんな苦労をしていたとは・・・熊野への御幸の先払いとして、早朝から深夜まで走り回り、歌会への招集にも応え、あばら家で眠れぬ夜を重ねていく。有力者の係累はすいすいと出世していくのに、自分はいつまでも少将どまり。誰もが嫌がる随行を買って出たため、ある意味年齢に似合わない粉骨砕身を強いたわけで、人間としてずいぶん身近に感じました。熊野の不思議さも随所に語られています。極彩色の「濃い」場所というイメージでいいのかなぁ? …続きを読む
    ワッピー
    2017年07月23日
    5人がナイス!しています
  • 面白かったです。平安時代の歌人藤原定家が後鳥羽上皇の熊野御幸に随従した時の紀行文『熊野御幸記』を現代語で読みやすく解説している本です。定家目線のお話なので、彼の気持ちが分かって面白いです。随行者に選ば 面白かったです。平安時代の歌人藤原定家が後鳥羽上皇の熊野御幸に随従した時の紀行文『熊野御幸記』を現代語で読みやすく解説している本です。定家目線のお話なので、彼の気持ちが分かって面白いです。随行者に選ばれた喜びも束の間、上皇や他の貴族の為に先行して走り回らなければならない苦労に辟易し、掘っ立て小屋で眠る自分の境遇の惨めさを嘆き、初めて目にした神域に感激しまくって涙を流したり…。後世に名を残す歌人なのに熊野御幸では下っ端のツアコンみたいな真似をさせられていたのには驚きました。面白くかなり興味深い内容でした。 …続きを読む
    こまったまこ
    2012年06月03日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品