ホームアウェイ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041753750

ホームアウェイ

  • 著者 森村 誠一
  • デザイン 角川書店装丁室 高柳雅人
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784041753750

憧れのマイホームを手に入れた家族を襲う恐怖の連鎖とは!?

郊外に理想のマイホーム団地を購入した鶴川一家。最初はあふれる自然に満足していた。だが、現実はごみの収集はこず、バスも通らない陸の孤島であることに気づく。やがて彼らを襲う恐るべき陥穽とは?


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ホームアウェイ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 意外に初読みの森村誠一。短いホラーで、軽く読めました。B級短編ホラー映画を見るような感覚。女性に対する犯罪の扱いが軽いのは時代性なのかな。 意外に初読みの森村誠一。短いホラーで、軽く読めました。B級短編ホラー映画を見るような感覚。女性に対する犯罪の扱いが軽いのは時代性なのかな。
    ユウユウ
    2017年12月12日
    46人がナイス!しています
  • 鶴川家は、都心から郊外の団地に移転し念願のマイホームを購入した。しかしその地は、人が集まらず徐々に陸の孤島となり、老人の孤独氏、暴走族の溜まり場となる等環境が悪化し、妻の奈美江は団地を出ることを決意す 鶴川家は、都心から郊外の団地に移転し念願のマイホームを購入した。しかしその地は、人が集まらず徐々に陸の孤島となり、老人の孤独氏、暴走族の溜まり場となる等環境が悪化し、妻の奈美江は団地を出ることを決意する。団地への引越前の家の近くの月見神社。幼女の用水路転落事故、陵辱された後の女性のひき逃げ事故の過去。団地近くに住む矢沢という女性との不倫関係。その女を助手席に乗せひき逃げをした夫、陵辱したのが長男。暴走族ワイヤー殺傷、幼女を転落させた次男。団地に拘束されて逃れられない奈美江。救いようのない話であった。 …続きを読む
    テディ
    2017年07月13日
    26人がナイス!しています
  • ホラーが読みたくて読みました。ただ、内容的には、予想していたのとは違った「怖さ」。 ホラーが読みたくて読みました。ただ、内容的には、予想していたのとは違った「怖さ」。
    kikuchista
    2017年05月31日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品