姉飼

第10回 日本ホラー小説大賞

姉飼

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043838011
label

第10回 日本ホラー小説大賞

姉飼

  • 著者 遠藤 徹
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2006年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
176
ISBN:
9784043838011

選考委員への挑戦か!? 物議を醸した第十回ホラー大賞大賞受賞作文庫化!

蚊吸(かすい)豚(ぶた)による、村の繁栄を祝う脂(あぶら)祭りの夜。まだ小学生だった僕は、縁日で初めて「姉」を見る。姉は皆、体を串刺しにされ、髪と爪を振り回しながら、凶暴にうめき叫んでいた! 蚊吸(かすい)豚(ぶた)による、村の繁栄を祝う脂(あぶら)祭りの夜。まだ小学生だった僕は、縁日で初めて「姉」を見る。姉は皆、体を串刺しにされ、髪と爪を振り回しながら、凶暴にうめき叫んでいた!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「姉飼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★☆_「暗く黒い夜の底からフェア」第六弾。頭に絵が浮かばないことが、こんなにおそろしいとは。「姉を飼うのが夢だった。串刺しになった姉を」という書き出しの『姉飼』。とにかく頭に絵が浮かばない。自己防衛 ★★★★☆_「暗く黒い夜の底からフェア」第六弾。頭に絵が浮かばないことが、こんなにおそろしいとは。「姉を飼うのが夢だった。串刺しになった姉を」という書き出しの『姉飼』。とにかく頭に絵が浮かばない。自己防衛的に浮かべるのを拒否しているような気もする。浮かんでしまっては、あまりにもおそろしい絵面になる言葉だから。新しい色を作ろうとして、絵の具を混ぜ合わせて、どこか上手くいかなくて、また色を足して、また足して、そしていつの間にか単なるドロドロとした黒色になってしまうような、どこまでも行き場のないものがたり四編。 …続きを読む
    キャプテン
    2017年09月11日
    76人がナイス!しています
  • 祭りの夜店で売られている串刺しにされた「姉」。少年時代に「姉」を見かけた主人公は「姉」を飼うことに狂おしいまでに憧れる。4編共その答えのない不条理さにぐいぐいと引き込まれ、心を掴んで離してはくれない。 祭りの夜店で売られている串刺しにされた「姉」。少年時代に「姉」を見かけた主人公は「姉」を飼うことに狂おしいまでに憧れる。4編共その答えのない不条理さにぐいぐいと引き込まれ、心を掴んで離してはくれない。それだけに 表題作「姉飼」と「ジャングル・ジム」のある程度の予想がついてしまうラストが惜しまれて仕方が無い。しかし4編に共通する、ボンと物語に放り込まれそしてそのまま放り出される感覚は、癖になりそうだ。 …続きを読む
    Bugsy Malone
    2016年06月12日
    71人がナイス!しています
  • 短編集。粗筋からしてグロテクスさを前面に出した売り方をされており、表題作や「妹の島」は確かに気持ち悪さ全開なのであるが、「キューブ・ガールズ」や「ジャングル・ジム」を見る限り、著者の本領は奇妙な味にこ 短編集。粗筋からしてグロテクスさを前面に出した売り方をされており、表題作や「妹の島」は確かに気持ち悪さ全開なのであるが、「キューブ・ガールズ」や「ジャングル・ジム」を見る限り、著者の本領は奇妙な味にこそありそう。ただ個人的にはやはりグロテクスさ全開の作品を推したいものです。特に表題作の得体の知れない不条理さ得体の知れなさは特筆ものと思うし。姉たちの描写もさることながら、その生態に触れ受け入れ離れられなくなる主人公含め人々にもまた戦慄。「妹の島」もストーリーはわかりにくいながら、嫌さは満開でしたし。 …続きを読む
    HANA
    2024年04月11日
    51人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品