何をかいわんや

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784041986134

何をかいわんや

  • 著者 ナンシー 関
  • デザイン 坂本 志保
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
274
ISBN:
9784041986134

天才コラムニストのお蔵出しコラム集!

現役時代の原辰徳から半透明ゴミ袋にまで鋭く考察。不世出の消しゴム版画家にして天才コラムニストのお蔵出しコラム集。まとまった形では目に触れることのなかった、ファン必読のコラムが満載!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「何をかいわんや」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 名言の数々。人の本質を恥ずかしいほどぶっちゃけるので思わず笑ってしまう。「一生懸命な前向きさでバタバタ生きる人をはたから見た時は違和感もある。そう言う人をウザったく思う。もうちょっと普通にできないか。 名言の数々。人の本質を恥ずかしいほどぶっちゃけるので思わず笑ってしまう。「一生懸命な前向きさでバタバタ生きる人をはたから見た時は違和感もある。そう言う人をウザったく思う。もうちょっと普通にできないか。」という冷めた目。ナンシーさんはいつもハタから見る視点がブレないアイデンティティ。世間をすべて愛すべきくだらなさで断じてしまう。単なるエッセイから汲み取れるがすべてが人間の生活活動全般はよくよく考えると滑稽な幻想であることを知悉した人だったんだろう。 …続きを読む
    みゃーこ
    2015年08月04日
    54人がナイス!しています
  • またナンシーだ。読書メーターがあって良かった。もう、どれを読んだかわからなくなっているが、登録が無いのだから初読なんだろう。川島なお美がテレビ局の廊下で車だん吉に会ったら、どんな挨拶をするんだろう?ナ またナンシーだ。読書メーターがあって良かった。もう、どれを読んだかわからなくなっているが、登録が無いのだから初読なんだろう。川島なお美がテレビ局の廊下で車だん吉に会ったら、どんな挨拶をするんだろう?ナンシーならずとも気になる。今頃天国で本人に直接聞いているんじゃないか。「で、実際どうだったんスか?」なんて。 …続きを読む
    猫丸
    2018年10月02日
    9人がナイス!しています
  • 川島なお美は心のかさぶたである。気にしまいと思っても、思えば思うほどじっと見てしまう。触ってはいけないことも、はがしてはいけないことも重々承知だが、やっぱりぺりぺりとはがさずにはおれないのだ。 あー、 川島なお美は心のかさぶたである。気にしまいと思っても、思えば思うほどじっと見てしまう。触ってはいけないことも、はがしてはいけないことも重々承知だが、やっぱりぺりぺりとはがさずにはおれないのだ。 あー、上手い。表現がうますぎる。 個人的には テレビ消灯時間 のシリーズの方が面白いかな。 …続きを読む
    シトロン☆
    2017年05月26日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品