レディ・ガンナーと二人の皇子 下

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784044231071

レディ・ガンナーと二人の皇子 下

  • 著者 茅田 砂胡
  • イラスト 草河 遊也
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月31日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784044231071

稀代のファンタジー作家が描く、お嬢様アクション最新刊!

エルディア王国での休暇中、ヴィンセントそっくりの少年を助けたキャサリンは、いつのまにか皇子暗殺事件に巻き込まれ……奇妙で独善的な王国の因習に、レディ・ガンナーが悪戦苦闘する、シリーズ屈指の大長編完結編

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「レディ・ガンナーと二人の皇子 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 面白かったです♪物語の展開も落としどころも凄かったけど、ヒロインのキャサリンが何よりも凄かったです!その正義感や並外れた行動力も凄いけど、中立な立場にいる権力者を「よりにもよって、わたしはあの方にバス 面白かったです♪物語の展開も落としどころも凄かったけど、ヒロインのキャサリンが何よりも凄かったです!その正義感や並外れた行動力も凄いけど、中立な立場にいる権力者を「よりにもよって、わたしはあの方にバスケットに入ってくれとお願いしたわけですか・・・」ってな感じに、知らずして味方に引き入れていく彼女のその人タラシ能力の高さといったら!!(笑)キャサリン率いる『反則気味なチカラをもったこの世界の登場人物たち』がチカラを合わせれば、国の1つや2つや3つや(以下略w)が相手だとしても、なんだか負ける気がしません。 …続きを読む
    エンブレムT
    2014年06月29日
    56人がナイス!しています
  • そして、最後の最終巻。やっとたどり着いた気分になります。題名の二人の皇子も理解。フェルナンド(フェリーシア)の変わりようが凄いですが、いい方に代わってくれたようで良かった。塔に閉じ込められていたフェル そして、最後の最終巻。やっとたどり着いた気分になります。題名の二人の皇子も理解。フェルナンド(フェリーシア)の変わりようが凄いですが、いい方に代わってくれたようで良かった。塔に閉じ込められていたフェルナンドの方は、あの境遇で育ったにしては良い子過ぎる。彼には祖父母の元で幸せになって欲しい。そして、ルシウス・アンネウス二世が苦労はするとは思いますが、良い国を作ってくれそう。相変わらず城もお屋敷も壊れますが(笑)最後はちゃんと大円満で良かった良かった。 …続きを読む
    玲@灯れ松明の火
    2014年01月15日
    13人がナイス!しています
  • どうなることかと思ったけど、大団円。良かった。 どうなることかと思ったけど、大団円。良かった。
    ひー坊
    2019年12月06日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品