桐生弁護士の真夜中の秘め事

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784044505059

桐生弁護士の真夜中の秘め事

  • 著者 ふゆの 仁子
  • イラスト 陸裕 千景子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
226
ISBN:
9784044505059

貴方が与えるのは、昼には想像も出来ない快

大学生の頃、一度だけ過ちを起こしたことのある桐生と同じ仕事を受け持つ事になった弁護士の西條。ところが、過去をバラさない代わりにと、真夜中の会議室で桐生が要求してきたのは西條の体で…?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「桐生弁護士の真夜中の秘め事」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホテルのシーンから一気に進んだ感じかな。それまでは仕事もラブもどっちつかずな展開で読むのやめようかと思った。古い作品だから仕方ないけど。西城視点で書かれてるのにタイトルは桐生なのか。別に西城でもよかっ ホテルのシーンから一気に進んだ感じかな。それまでは仕事もラブもどっちつかずな展開で読むのやめようかと思った。古い作品だから仕方ないけど。西城視点で書かれてるのにタイトルは桐生なのか。別に西城でもよかったんじゃ? …続きを読む
    なみキミ
    2012年01月23日
    1人がナイス!しています
  • キャラに魅力が感じられない。こういうふうにしたいんだろうなってのは見えるんだけど、表現しきれてない感じ。 キャラに魅力が感じられない。こういうふうにしたいんだろうなってのは見えるんだけど、表現しきれてない感じ。
    miya
    2011年04月11日
    1人がナイス!しています
  • 前半、お互いの魅力が見えず、読み進めるのが苦労だった。後半はすんなりいったが・・ 前半、お互いの魅力が見えず、読み進めるのが苦労だった。後半はすんなりいったが・・
    琥珀
    2010年01月24日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品