試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043702039

アレキサンドライト

  • 著者 山藍 紫姫子
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784043702039

男たちの危険な愛を描いた耽美小説の決定版!

氷のような美貌の貴族シェリルは、隣国の軍人マクシミリアンに捕らえられた。彼は妹を死に追いやったシェリルに復讐を企んでいたのだ。狂おしいまでの、男たちの官能の美を描く長編耽美小説の決定版。

メディアミックス情報

NEWS

「アレキサンドライト」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読友さんの感想より。ここまでがっつりなお耽美小説を読んだのは久しぶり。復讐として凌辱されるが、次第に相手を愛するようになるという耽美ロマンの王道を描いた本作ですが、正直に言うともっと人間の心の襞、心理 読友さんの感想より。ここまでがっつりなお耽美小説を読んだのは久しぶり。復讐として凌辱されるが、次第に相手を愛するようになるという耽美ロマンの王道を描いた本作ですが、正直に言うともっと人間の心の襞、心理的な動きも丁寧に描いて欲しかったかな。シュリルのマクシミリアンへ対する思いの変化がちょっと弱い気がします。全体的に性的な描写が多くて最後の方は食傷気味。でもこの作品の世界観はとても良かったので、嫌いではないです。山藍紫姫子さんの他の作品も気になります。 …続きを読む
    蓮子
    2017年12月07日
    105人がナイス!しています
  • 読友さんの感想から、耽美とは?と興味を持つ。あまり慣れない世界を手探りで読んだ。こないだ三浦しをんさんの『ロマンス小説の七日間』を読んでダークなロマンス小説って凄いな~と思ったんだけど、まさしくそのも 読友さんの感想から、耽美とは?と興味を持つ。あまり慣れない世界を手探りで読んだ。こないだ三浦しをんさんの『ロマンス小説の七日間』を読んでダークなロマンス小説って凄いな~と思ったんだけど、まさしくそのものって感じ。この世界観は好き。見たことない国の貴族の服飾や調度品がなんとも優美に描かれている。シュリルは両性具有…最初男として出てきたわりに男らしさの欠片も無くて戸惑った。100%乙女やん…。マクシミリアンの考えがもうちょっと描かれていたら終盤さらに盛り上がったなぁ。ともあれ耽美の世界をたっぷり楽しんだ。 …続きを読む
    おかだ
    2018年03月07日
    47人がナイス!しています
  • 官能耽美小説、ってこういう風のなんだ〜。ジャケ買いでした。表紙が美しい(*^^*)のにやられちゃって。でも全く下品でなくギリ大丈夫でした。言葉も端正で素晴らしいと思いました。 官能耽美小説、ってこういう風のなんだ〜。ジャケ買いでした。表紙が美しい(*^^*)のにやられちゃって。でも全く下品でなくギリ大丈夫でした。言葉も端正で素晴らしいと思いました。
    豆乳くま
    2013年11月06日
    24人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品