中原中也との愛 ゆきてかへらぬ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044060015

中原中也との愛 ゆきてかへらぬ

  • 著者 長谷川 泰子
  • 編 村上 護
  • イラスト 小林かいち(中塚玲子事務所)
  • デザイン 田中 淑恵
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
258
ISBN:
9784044060015

“運命の女”長谷川泰子が語る、中原中也と小林秀雄との壮絶な出逢いと別れ

女優志望の泰子には、一六歳の中原中也との運命的な出逢いがあり、さらに小林秀雄との壮絶な出逢いと別れがあった。「奇妙な三角関係」(小林秀雄)といわれた伝説の”運命の女”泰子が語る、衝撃の告白的自伝。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「中原中也との愛 ゆきてかへらぬ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 中原中也、小林秀雄との奇怪な三角関係でよく知られる長谷川泰子の告白的自伝。聞きしに勝る中也のやんちゃぶりですが、なかなか如何してこの泰子女史も相当にロックな女性であります。そして小林の献身ぶりも男前が 中原中也、小林秀雄との奇怪な三角関係でよく知られる長谷川泰子の告白的自伝。聞きしに勝る中也のやんちゃぶりですが、なかなか如何してこの泰子女史も相当にロックな女性であります。そして小林の献身ぶりも男前が上がります。ここまでくると大岡昇平氏の中也本も読んでみたくなりますね。 …続きを読む
    里愛乍
    2017年09月27日
    51人がナイス!しています
  • 「お前の無邪気は罪だよ」かつて恋人の中原中也から云われたという長谷川泰子。数多の男の「宿命の女」だった長谷川泰子さんの語り下ろし自伝。無邪気というか泰子さんの場合は恋愛が処世術だったようにも思える。中 「お前の無邪気は罪だよ」かつて恋人の中原中也から云われたという長谷川泰子。数多の男の「宿命の女」だった長谷川泰子さんの語り下ろし自伝。無邪気というか泰子さんの場合は恋愛が処世術だったようにも思える。中也とは彼が17歳泰子さんが20歳からの付き合いになり泰子さんが小林秀雄の元に走ったあとも中也は泰子さんを諦めていなかった。彼女の発言の数々から中也がいかに泰子さんに執着していたかが伺え正直ちょっとコワイ。富豪と結婚したり宗教に走ったり激しい泰子さんの人生。ご本人が至ってケロリとされているのが救いか。 …続きを読む
    ユミ
    2015年08月09日
    38人がナイス!しています
  • 真っ直ぐで、ざっくばらんで、無邪気。理解しがたい女だが、グレタ・ガルボに似て、飄々とするりと溢れ落ちそうで。そんな彼女の何かが中也と小林、名を残した大きな男二人を魅了したのだろう。名だたる作家や文化人 真っ直ぐで、ざっくばらんで、無邪気。理解しがたい女だが、グレタ・ガルボに似て、飄々とするりと溢れ落ちそうで。そんな彼女の何かが中也と小林、名を残した大きな男二人を魅了したのだろう。名だたる作家や文化人の名前が出るわ出るわ。その隙間をするりと魚の如く泳ぎ、通り過ぎる泰子。自分があるようで、ない。泰子が恋い焦がれ愛していたのは、中也ではなく小林の方だったとは少々衝撃。中也との愛はあまり語られていない。中也の泰子に対する愛は感じられたが。とはいえ、昭和初期の文壇、文化を知る資料として、やはり貴重な一冊だと思う。 …続きを読む
    kaoriction
    2019年04月17日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品