余は如何にして服部ヒロシとなりしか

第12回 日本ホラー小説大賞 短編賞

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043806010

第12回 日本ホラー小説大賞 短編賞

余は如何にして服部ヒロシとなりしか

  • 著者 あせごのまん
  • デザイン 角川書店装丁室
  • イラスト 矢吹 申彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年11月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
208
ISBN:
9784043806010

第12回ホラー小説大賞短編賞受賞作!

同級生の姉に連れられて訪れた古い家屋。軒下には文化祭のセットで作ったはりぼての風呂。彼女はここで汗を流せと自ら服を脱ぎ始める。グロテスクな不条理の世界が選考委員の度肝を抜いたホラー大賞短編賞受賞作!


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「余は如何にして服部ヒロシとなりしか」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • おもしろーい!とは、やや違うけど好き。幽霊!呪い!怖い!系のホラーって格闘技に喩えると屈強な対戦相手。カモン!しかして、本書のようなタイプのホラーは、楽勝な調整試合の最中、ふとセコンドの顔を見ると知ら おもしろーい!とは、やや違うけど好き。幽霊!呪い!怖い!系のホラーって格闘技に喩えると屈強な対戦相手。カモン!しかして、本書のようなタイプのホラーは、楽勝な調整試合の最中、ふとセコンドの顔を見ると知らない人だったような二の腕がゾワゾワする感じ。逃げろ!不条理で這い寄るような不気味さは好みだが、収録作に統一感が欠けるのはややマイナス点。昔の友人の姉に誘われ家に行き取り込まれる表題作は直接的でないエロスが好み。諍いのあったまま死んだ姑の手記を読むうちに…な「克己さん~」はジワ怖感が心地よい。他2編も悪くない。 …続きを読む
    あも
    2018年12月01日
    90人がナイス!しています
  • 図書館本。短編集。表題作は、世にも奇妙でシュールで不条理な面白さ。しかし、表紙とタイトルがあまりに良すぎて、出オチの感が… ちなみに内村鑑三氏の原題を読む予定は全くなし!! 「あぜごのまん」高知の方 図書館本。短編集。表題作は、世にも奇妙でシュールで不条理な面白さ。しかし、表紙とタイトルがあまりに良すぎて、出オチの感が… ちなみに内村鑑三氏の原題を読む予定は全くなし!! 「あぜごのまん」高知の方言に乗せられてサクサク読んだ、怪談 民話のような話です。他2編は凡作(申し訳ない、ハッキリ言ってしまった(汗)。 …続きを読む
    鱒子
    2018年05月21日
    52人がナイス!しています
  • 4編から成る短編集。表題作が日本ホラー小説大賞の短編賞をとったらしい。シュールというか不条理というかワケが分からないというか、読んでる自分も狂いそうで怖い。「浅水瀬」は唯一分かりやすい話だけど、その分 4編から成る短編集。表題作が日本ホラー小説大賞の短編賞をとったらしい。シュールというか不条理というかワケが分からないというか、読んでる自分も狂いそうで怖い。「浅水瀬」は唯一分かりやすい話だけど、その分怖さは軽めかな。著者は同年代なのだけど、NS400Rという絶妙に渋い車種を出してきたあたり、侮れない(笑) 「エピタフ」でも主人公がオートバイに乗っていたなぁ。あれは明記はされてなかったけど、多分SR400なんだろうなぁ。「克美さんがいる」も怖い。でも何と言っても「あせごのまん」の土佐弁が怖いったら… …続きを読む
    ジンベエ親分@flying-frog改め
    2018年04月07日
    39人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品