宇宙戦争

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042703075

宇宙戦争

  • 著者 H・G・ウェルズ
  • 訳者 小田 麻紀
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年05月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784042703075

スピルバーグ監督映画「宇宙戦争」の原作!

イギリスの片田舎に隕石らしきものが落下した。地上にあいた巨大な穴の中から現れたのは醜悪な生き物。それが火星人の地球侵略の始まりだった。SF史に燦然とかがやく名作中の名作。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「宇宙戦争」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • SFの古典(原点?)。ある男の手記という形で火星人来襲の衝撃と主人公の葛藤がリアルに描かれている。名作です。 SFの古典(原点?)。ある男の手記という形で火星人来襲の衝撃と主人公の葛藤がリアルに描かれている。名作です。
    たー
    2015年10月31日
    24人がナイス!しています
  • <主な登場人物>欄で語り手の「ぼく」が「哲学方面の著述家」であることを知り、嬉しくなる。トム・クルーズも頑張っていたけれど、それはそれとして。例えば、こんなセンテンスにときめく。「そうした人影は、ほそ <主な登場人物>欄で語り手の「ぼく」が「哲学方面の著述家」であることを知り、嬉しくなる。トム・クルーズも頑張っていたけれど、それはそれとして。例えば、こんなセンテンスにときめく。「そうした人影は、ほそながくつらなってゆがんだ三日月のかたちになり、いずれはその先細りの両端でくぼみを包囲することになりそうだった」(35頁)***「『なにがあったんだ?』ぼくはたずねた。『ありとあらゆることさ』」(75頁)観察者と対象物の適度な距離感が好もしい。冷静さを失わず、世界を二次元にトレースして製図を引く建築家のようだ。 …続きを読む
    春ドーナツ
    2018年11月01日
    17人がナイス!しています
  • グロテスクな見た目の火星人がイギリスをボコボコにする物語。主人公(一部弟)の一人称視点で話が進むため臨場感はあるが全体像はやや掴みづらい。前半部分に色々詰め込んで終盤アッサリしている辺りに映画版のワー グロテスクな見た目の火星人がイギリスをボコボコにする物語。主人公(一部弟)の一人称視点で話が進むため臨場感はあるが全体像はやや掴みづらい。前半部分に色々詰め込んで終盤アッサリしている辺りに映画版のワールド・ウォーZを思い出してしまった。ストーリーが多少物足りないものの、これを100年以上前に書いた作者の想像力は本当に凄い。 …続きを読む
    2018年05月04日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品