みんな誰かを殺したい

第24回 横溝正史ミステリ大賞<優秀賞・テレビ東京賞>

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048735391

第24回 横溝正史ミステリ大賞<優秀賞・テレビ東京賞>

みんな誰かを殺したい

  • 著者 射逆 裕二
  • 装丁 寄藤 文平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年05月24日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784048735391

横溝正史賞選考委員絶賛! 本格ミステリ界に大注目新人作家の登場。

峠で殺された小太りの中年男。そして、その殺人事件を目撃した男。緻密なプロットが交錯し、物語の糸は思いも寄らぬ方向に収斂していく--。新人離れした完成度の超本格ミステリ。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「みんな誰かを殺したい」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 殺人の目撃者同士の交流。交換殺人。交換殺人を追う刑事達。交換殺人が二転三転したりと複雑になるのにどうしてこう読みやすく、理解しやすいのか。ドラマになるのも納得。むしろドラマでどうなったのか見てみたい。 殺人の目撃者同士の交流。交換殺人。交換殺人を追う刑事達。交換殺人が二転三転したりと複雑になるのにどうしてこう読みやすく、理解しやすいのか。ドラマになるのも納得。むしろドラマでどうなったのか見てみたい。 …続きを読む
    雪紫
    2020年07月23日
    38人がナイス!しています
  • 【04年横溝正史賞/特別賞】初読みの作家さん。題名にインパクトがあり、以前から気になっていた作品。緻密に練られた王道のミステリー。峠で起きた殺人事件を目撃した二人いて、事件はすぐに解決するように思えた 【04年横溝正史賞/特別賞】初読みの作家さん。題名にインパクトがあり、以前から気になっていた作品。緻密に練られた王道のミステリー。峠で起きた殺人事件を目撃した二人いて、事件はすぐに解決するように思えたが…。時系列が飛び飛びなので、頭の中で時系列を再構築しなければならず、展開も二転三転し、登場人物も多いので頭がこんがらがりそうになる。「みんな誰かを殺したい」確かにそうだった。人に恨まれないようにしなければ…。2時間ドラマ向けの作品。実際に2時間ドラマになってました。 …続きを読む
    isry 2@積本消化中
    2016年09月08日
    23人がナイス!しています
  • 前半は軽快に飛ばしたが、後半がね...急につまらなくなったとかじゃなく、読みづらくなった。単なる交換殺人の話かと思いきや...意外性のある、よく考えられたストーリーではあると思う。ただ、タイトルから期 前半は軽快に飛ばしたが、後半がね...急につまらなくなったとかじゃなく、読みづらくなった。単なる交換殺人の話かと思いきや...意外性のある、よく考えられたストーリーではあると思う。ただ、タイトルから期待する「誰しもが持っている、誰かに対する漠然とした殺意」、みたいな内容じゃねーのな。殺意の理由に具体性がありすぎ、そんな目にあったら確かに殺したくなるわ。実行にうつすかどうかはともかく。 …続きを読む
    ふぅちゃん
    2016年11月26日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品