怪談徒然草

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044493035

怪談徒然草

  • 著者 加門 七海
  • デザイン ADセカンド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044493035

作家加門七海が、本当に体験した怪異譚を語りおろした実話怪談集

両国・震災慰霊堂に関わる話、重慶の旅館で出会った死神の話、二人の死者がでていた町工場での体験談、付き合う男性が全員死んでしまった絶世の美女など、本当に起きた数々の体験談を語った傑作怪談集。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談徒然草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 加門七海さんの実話怪談。印象深いのは護良親王のとある部位を御神体として祀る神社。朽ちつつある工場と寮など珠玉である。しかしこの作品の白眉は「三角屋敷」だろう。実在のマンションで起こる怪異。とある行為の 加門七海さんの実話怪談。印象深いのは護良親王のとある部位を御神体として祀る神社。朽ちつつある工場と寮など珠玉である。しかしこの作品の白眉は「三角屋敷」だろう。実在のマンションで起こる怪異。とある行為の効果を「実験」する為に造られたマンション。やはり生きている人の悪意が恐ろしいと改めて思うのだ。東京都慰霊堂の話しも興味深い。私もかつて総武線沿いに住んでいて、存在を知りつつも行かないようにしていた。とある夏の日に何故かふらりと行ってしまったことがある。縁と言えるのだろうか。安定した怖さが味わえる作品です。 …続きを読む
    yoshida
    2018年08月04日
    174人がナイス!しています
  • 久しぶりに読んだ加門七海さんの実話怪談。当時は編集者だった三津田信三さんとの対談形式。あっけらかんとした口調で語られているが、とにかく怖い。しかし何と言っても別の著作でも読んで、震え上がった「三角屋敷 久しぶりに読んだ加門七海さんの実話怪談。当時は編集者だった三津田信三さんとの対談形式。あっけらかんとした口調で語られているが、とにかく怖い。しかし何と言っても別の著作でも読んで、震え上がった「三角屋敷」内容を書くとこちらにまで障りがあるのでは?と憚られるほどの恐ろしさ。ひいぃ。 …続きを読む
    みっちゃん
    2018年08月06日
    143人がナイス!しています
  • \怪談の真髄は語りにあり\ という企画コンセプトのもと、加門さんが実際に体験した話を語り、それを書き起こしたもの。いやぁ、ほんとに怖いです。中国の旅館で出会った死神の話、金儲けに走った氏子が神社を無理 \怪談の真髄は語りにあり\ という企画コンセプトのもと、加門さんが実際に体験した話を語り、それを書き起こしたもの。いやぁ、ほんとに怖いです。中国の旅館で出会った死神の話、金儲けに走った氏子が神社を無理矢理造り替えた結果次々と死んでしまった話、付き合う男性が次々と死んでしまう美女がお稲荷様へと嫁ぐことが決まっている話、東京慰霊堂の話....なんといっても一番怖いのは\三角屋敷\の話です。三角形のマンションに住民を引き寄せて、なにか呪術的な実験をしているという話です。人間の悪意が一番怖いです。怖すぎます。 …続きを読む
    ぶち
    2020年10月29日
    117人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品