怪談徒然草

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044493035

怪談徒然草

  • 著者 加門 七海
  • デザイン ADセカンド
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2006年03月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784044493035

作家加門七海が、本当に体験した怪異譚を語りおろした実話怪談集

両国・震災慰霊堂に関わる話、重慶の旅館で出会った死神の話、二人の死者がでていた町工場での体験談、付き合う男性が全員死んでしまった絶世の美女など、本当に起きた数々の体験談を語った傑作怪談集。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「怪談徒然草」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 加門七海さんの実話怪談。印象深いのは護良親王のとある部位を御神体として祀る神社。朽ちつつある工場と寮など珠玉である。しかしこの作品の白眉は「三角屋敷」だろう。実在のマンションで起こる怪異。とある行為の 加門七海さんの実話怪談。印象深いのは護良親王のとある部位を御神体として祀る神社。朽ちつつある工場と寮など珠玉である。しかしこの作品の白眉は「三角屋敷」だろう。実在のマンションで起こる怪異。とある行為の効果を「実験」する為に造られたマンション。やはり生きている人の悪意が恐ろしいと改めて思うのだ。東京都慰霊堂の話しも興味深い。私もかつて総武線沿いに住んでいて、存在を知りつつも行かないようにしていた。とある夏の日に何故かふらりと行ってしまったことがある。縁と言えるのだろうか。安定した怖さが味わえる作品です。 …続きを読む
    yoshida
    2018年08月04日
    171人がナイス!しています
  • オカルトに対する姿勢は三通り。霊感がある(と信じている)人、霊感がないから信じない人、霊感が無くても信じている人。自分は霊感に類するものが全くないのだが信じたほうが楽しそうなので信じようと思う。この本 オカルトに対する姿勢は三通り。霊感がある(と信じている)人、霊感がないから信じない人、霊感が無くても信じている人。自分は霊感に類するものが全くないのだが信じたほうが楽しそうなので信じようと思う。この本は信じていない人にとっては、出鱈目もいい処という本であり、信じている人にとっては怖くてたまらない本である。正直怖かった。最後の三角屋敷については何だか陰謀論に近い胡散臭さがあったが、元々「祝山」の元ネタを読みたくてこの本を手にしたのでそちらや他の話は十分楽しめた。頑なに拒否するよりゆるく信じたほうが楽しいね。 …続きを読む
    ハイランド
    2016年10月17日
    107人がナイス!しています
  • 何これ、すっごく怖い!!加門さん大好き、実話系大好きなんですが、今回は子狐の話以外全部怖かった。大体加門さん自体も怖がってるのが半端ないし。言葉使いや態度が荒っぽくなってるのが、本当に取り繕う余裕もな 何これ、すっごく怖い!!加門さん大好き、実話系大好きなんですが、今回は子狐の話以外全部怖かった。大体加門さん自体も怖がってるのが半端ないし。言葉使いや態度が荒っぽくなってるのが、本当に取り繕う余裕もない、という感じでやたら臨場感あります。慰霊堂の話、工場の話、三角形の家の話、どれもすごく怖かった。寝るとき電気消せませんでした。 …続きを読む
    meow3
    2017年11月02日
    56人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品