角川文庫

ドグラ・マグラ(上)

発売日:
2000年09月01日
商品形態:
電子書籍
ドグラ・マグラ(上) 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

角川文庫

ドグラ・マグラ(上)

  • 著者 夢野 久作
発売日:
2000年09月01日
商品形態:
電子書籍

これを読むと一度は精神に異常をきたすと伝えられ、余りに奇抜な内容のため毀誉褒貶が相半ばしている一大奇書

昭和10年1月、書き下ろし作品として松柏館書店から自費出版された。〈日本一幻魔怪奇の本格探偵小説〉〈日本探偵小説界の最高峰〉〈幻怪、妖麗、グロテスク、エロテイシズムの極〉という宣伝文句は、読書界の大きな話題を呼んだ。常人では考えられぬ余りに奇抜な内容のため、毀誉褒貶が相半ばしている。〈これを書くために生きてきた〉と著者みずから語り、十余年の歳月をかけて完成された内容は、狂人の書いた推理小説という異常な状況設定の中に、著者の思想、知識を集大成する。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ドグラ・マグラ(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • この本が昭和十年に発表されたというのがまず驚いた。何故かと言うと精神を患っている人の現状の治療の問題点や胎児についての考察など、最近の科学で分かってきていることも入っているような気がしたからだ。上巻を この本が昭和十年に発表されたというのがまず驚いた。何故かと言うと精神を患っている人の現状の治療の問題点や胎児についての考察など、最近の科学で分かってきていることも入っているような気がしたからだ。上巻を読んだ所でいろんな謎や複雑な構成でどうなっているのかわかりにくかった。下巻も読んで真相を知りたくなった。 …続きを読む
    mitei
    2017年03月20日
    553人がナイス!しています
  • 著者によると「5回読んだら5回共に読後の気持ちが変わることを請け負います」ドグママグラの説明が前の方にある。切支丹伴天連の使う幻魔術をさす長崎地方の方言。筆名の夢野久作は博多地方でぼんやりして夢ばかり 著者によると「5回読んだら5回共に読後の気持ちが変わることを請け負います」ドグママグラの説明が前の方にある。切支丹伴天連の使う幻魔術をさす長崎地方の方言。筆名の夢野久作は博多地方でぼんやりして夢ばかり追う間抜け人間を指す代名詞から来ている。精神世界を漂う人々。精神科医の論文か、狂人が書いた推理小説か。解説は下に、なだいなだ,社会思想社版の解説、奈良宏志などを読んだ。恐い話だと嫌なので。発見角川。1回目恐くて読みたくない。2回目少女地獄を読んでこちらが面白い。3回はまだ。 …続きを読む
    kaizen@名古屋de朝活読書会
    2013年10月03日
    184人がナイス!しています
  • 冒頭の囚われの青年と「呉一郎」の関係。六号室の少女と「呉モヨコ」の関係。正木博士の研究とこの二人の関係。一部が繋がったかと思ったら他が離れてゆく、そういうもどかしさを感じながらの上巻だった。下巻ですべ 冒頭の囚われの青年と「呉一郎」の関係。六号室の少女と「呉モヨコ」の関係。正木博士の研究とこの二人の関係。一部が繋がったかと思ったら他が離れてゆく、そういうもどかしさを感じながらの上巻だった。下巻ですべてが繋がるのだろう、そう期待しながら続きを読もう。チャカポコ、チャカポコ…。 …続きを読む
    tokko
    2011年08月28日
    165人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品