ロシア幽霊軍艦事件

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041682081

ロシア幽霊軍艦事件

  • 著者 島田 荘司
  • デザイン 多田 和博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
368
ISBN:
9784041682081

御手洗潔の推理が、歴史の闇を照射する!

箱根のホテルに残る一枚の写真。そこには、芦ノ湖に浮かぶ帝政ロシアの軍艦が写っていた。山間の湖にどうやって軍艦が姿を現せるというのか。この世ならざる歴史の謎に、御手洗と石岡が迫る!
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ロシア幽霊軍艦事件」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 島田荘司さんらしい大技なトリック。そのロシア軍艦の謎もあくまでオマケであり、真の姿は歴史ロマンか。歴史検証として想像や仮説のひとつでしかないのかもしれないけど、これが真実かもしれないと空想するのもロマ 島田荘司さんらしい大技なトリック。そのロシア軍艦の謎もあくまでオマケであり、真の姿は歴史ロマンか。歴史検証として想像や仮説のひとつでしかないのかもしれないけど、これが真実かもしれないと空想するのもロマンがあっていいじゃない。 …続きを読む
    ヒロユキ
    2013年04月11日
    44人がナイス!しています
  • 一通の手紙から始まった謎。大正時代の日本(芦ノ湖)に存在しえないロシア軍艦の写真が見つかる。幽霊軍艦の謎解きからアナスタシア事件へと繋がって行く辺りから圧倒的なスピード感で悲劇の結末まで・・・。小説だ 一通の手紙から始まった謎。大正時代の日本(芦ノ湖)に存在しえないロシア軍艦の写真が見つかる。幽霊軍艦の謎解きからアナスタシア事件へと繋がって行く辺りから圧倒的なスピード感で悲劇の結末まで・・・。小説だから都合のよい辻褄あわせではあるけれど、一つ一つの事象に説得力があり 一連の流れが納得させられてしまう。ミステリーとして傑作といってよいと思う。幽霊軍艦の謎とロマノフ王朝の秘密との2本立て構成を歴史的観点とファンタジーでミックスしていてとても面白かった。 …続きを読む
    めだか
    2011年10月14日
    30人がナイス!しています
  • ベテランらしい安心安定のシッカリしたミステリを読みたいと思い、久しぶり島田氏の作品を手に取りました。コレは期待に応えるドコロか、大きく上回る上質なミステリでした。大正時代の芦ノ湖に浮かぶロシアの軍艦… ベテランらしい安心安定のシッカリしたミステリを読みたいと思い、久しぶり島田氏の作品を手に取りました。コレは期待に応えるドコロか、大きく上回る上質なミステリでした。大正時代の芦ノ湖に浮かぶロシアの軍艦…そんな在り得ない写真から導き出される、これまた在り得ない様な隠されていた歴史上の物語が浮かび上がる。これは夢か?そんな風に思いながらも頁をめくる手が止まらなくなりました。ラストは、その後に起こる展開を想像し胸が切なくなりました。氏の作品はまだまだ未読も多いんで、こりゃまたポチポチ読んで行かねばなりませんね。 …続きを読む
    マッちゃま
    2018年03月14日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品