弁頭屋

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2005年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048736398
ニコカド祭り2020

弁頭屋

  • 著者 遠藤 徹
  • デザイン 松 昭教
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2005年10月27日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784048736398

ホラー大賞受賞作「姉飼」の著者が描く、新たなる戦慄と恐怖

戦争の続く東京。靖之が双子姉妹の営業する屋台の弁当屋で手渡されたのは、親父の頭だった。異形恐怖と寄生、カルト的人気を誇る期待のホラー作家、最新短編集!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「弁頭屋」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ホラーでくくったら勿体ない気がしますが、読む人によってはただのグロでしょうね。「弁頭屋」でその世界観に驚きぐぐっとつかまれました。好き。「赤ヒ月」「カデンツァ」は理解できない世界のはずがサラリと読めて ホラーでくくったら勿体ない気がしますが、読む人によってはただのグロでしょうね。「弁頭屋」でその世界観に驚きぐぐっとつかまれました。好き。「赤ヒ月」「カデンツァ」は理解できない世界のはずがサラリと読めて、「壊れた少女を拾ったので」はよくわからないのですが、そのわからない狂気の部分まで含め、惹かれます。一番好みは桃色のダニに世界が汚染される「桃色遊戯」。儚さや寂しさがピンクの靄のように私を包みました。読後それぞれの題名を見てニヤリとします。こんな世界観を好きだと言ってしまって、「たてきなくて」ごめんなさい。 …続きを読む
    aquamarine
    2018年06月21日
    81人がナイス!しています
  • 朋さんのオススメ本で、スプラッタ―要素が強いのに、所々笑えたりする軽さがツボです。白く透きとおるような肌と長い髪を持つ高槻先生が最強! 朋さんのオススメ本で、スプラッタ―要素が強いのに、所々笑えたりする軽さがツボです。白く透きとおるような肌と長い髪を持つ高槻先生が最強!
    コットン
    2017年03月26日
    66人がナイス!しています
  • 人の頭が弁当箱。電化製品を愛す。人の内臓を食す。そのどれもが未知の世界だった。気持ち悪いはずなのに気持ち悪さを感じさせない。淡々と過ぎていく内容は、思わず吹いてしまうくらいにシュール。そのどれもが上手 人の頭が弁当箱。電化製品を愛す。人の内臓を食す。そのどれもが未知の世界だった。気持ち悪いはずなのに気持ち悪さを感じさせない。淡々と過ぎていく内容は、思わず吹いてしまうくらいにシュール。そのどれもが上手く想像できなくて、だからこそ気持ち悪さを感じないのだろうか。みんな開き直ってぶっ飛んでて、妙にスカッとする。人にオススメできる小説ではないけれど、私はこの本、物凄く好き。 …続きを読む
    いしかわ
    2014年07月15日
    48人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品