ソードワールド短編集 踊れ!へっぽこ大祭典

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784829115862

ソードワールド短編集 踊れ!へっぽこ大祭典

  • 著者 清松 みゆき
  • 編者 安田 均
  • 著者 秋田 みやび
  • イラスト 浜田 よしかづ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
388
ISBN:
9784829115862

“へっぽこーず”のあんなこんなが丸裸!

鎧ぶかぶかの幼い日のイリーナ、品行方正な若きヒース、マウナのココロの中、バスが最初に作った歌、エキューと旧知の女剣士などなど、彼らの秘密が明らかになる! へっぽこーず入門としても最適の一冊!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ソードワールド短編集 踊れ!へっぽこ大祭典」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ノリスとガルガドがパーティを抜けて、代わりにエキューとバスが加わった後期ヘッポコーズの短編小説。「10%の偽情報」では、経歴に謎の多いバスに焦点を当てて、清松みゆきが執筆している。個人的には秋田みやび ノリスとガルガドがパーティを抜けて、代わりにエキューとバスが加わった後期ヘッポコーズの短編小説。「10%の偽情報」では、経歴に謎の多いバスに焦点を当てて、清松みゆきが執筆している。個人的には秋田みやび著の「友という名のもとに」でソード・ワールド初のマルチ商法『ティソダー事件』に登場したイリーナの幼馴染アネットが当時読んだヘッポコーズ・リプレイを思い出させて懐かしかった。 …続きを読む
    ぷるっちょ
    2018年02月07日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品