試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041835111

終業式

  • 著者 姫野 カオルコ
  • デザイン 原 研哉
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年02月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041835111

姫野カオルコ、青春小説の傑作!

きらめいていた高校時代。卒業してもなお、あの頃のことはいつも記憶の底に眠っていた――。同級生の男女4人が織りなす青春の日々。「あの頃」からの20年間を全編書簡で綴った波乱万丈の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「終業式」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 全文手紙形式。最初はなかなか頭に入らず苦戦したが、途中から様々な出会いからの展開が気になり夢中になって読んだ。4人の高校生の手紙から始まる。大人から見れば他愛ないことでもあの頃は一大事。そういうのを積 全文手紙形式。最初はなかなか頭に入らず苦戦したが、途中から様々な出会いからの展開が気になり夢中になって読んだ。4人の高校生の手紙から始まる。大人から見れば他愛ないことでもあの頃は一大事。そういうのを積み重ねて大人になっていく。卒業後は進学、浪人それぞれの道へ。自分や友人の変化を感じたり、出会い別れ、就職、様々な恋愛を経験して、悩み迷いながら大人になっていく自然な過程に共感や懐かしさあって、すんなり自分に入ってきた。結婚、離婚など散々遠回りしたけど、繋がりあるみんなが落ち着くとこに落ち着いてよかったかなと。 …続きを読む
    りゅう☆
    2017年03月08日
    107人がナイス!しています
  • 物語の全てを手紙、FAX、メモなどでつづっていました。全てが登場人物の言葉だからこそ、伝わってくるものがあります。文字にして語られた言葉にはその文面の裏に隠された想いもあったことでしょう。投函できなか 物語の全てを手紙、FAX、メモなどでつづっていました。全てが登場人物の言葉だからこそ、伝わってくるものがあります。文字にして語られた言葉にはその文面の裏に隠された想いもあったことでしょう。投函できなかったものなどもあり、切なかったです。手紙を書くことも少なくなった今だからこそ、新鮮に読むことができました。 …続きを読む
    優希
    2015年10月09日
    93人がナイス!しています
  • あるあるあるあるある!と激しく共感した一冊。青春時代の問題はたいしたことあるなあ。月日が流れるとたいしたことないように見えるけど、たいしたことある!と思った。みんなそれぞれのジレンマからとりあえず抜け あるあるあるあるある!と激しく共感した一冊。青春時代の問題はたいしたことあるなあ。月日が流れるとたいしたことないように見えるけど、たいしたことある!と思った。みんなそれぞれのジレンマからとりあえず抜け出して、学年が変わっていく大人の話。 …続きを読む
    藤井寛子
    2016年07月27日
    82人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品