試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041898093

夜を撃つ

  • 著者 花村 萬月
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
528
ISBN:
9784041898093

愛と孤独、性と暴力の深淵を描いた傑作長編!

底知れぬ孤独を抱え、残虐な行為にのめりこむ悪魔の様な美少年・峰岸情。彼は深夜の暴走、冷徹な殺人と犯罪をエスカレートさせていく。命がけの速度ですべてを超越する瞬間に向けてバイクを走らせる情の思いは……。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「夜を撃つ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 好きじゃないけど、完読 好きじゃないけど、完読
    tetsujin
    2017年10月01日
    4人がナイス!しています
  • 小説。性と暴力の中から人間性を抉り出す、えげつない手腕になぜこうも感動させられてしまうのか。『世の中』や『社会』、『一般常識』を外れたところに居る、居ざるを得ない人間たちを容赦なく描くことが救いにもな 小説。性と暴力の中から人間性を抉り出す、えげつない手腕になぜこうも感動させられてしまうのか。『世の中』や『社会』、『一般常識』を外れたところに居る、居ざるを得ない人間たちを容赦なく描くことが救いにもなり得る、ということを強く再確認させてくれる作品です。花村萬月氏の作品は長くても長すぎることはないでしょう。最高です。あまり人に薦めるものでもないのかな、と思いつつも、多くの人に読まれて欲しいなという感じです。 …続きを読む
    クローカ
    2014年08月15日
    3人がナイス!しています
  • 後半部分まで読み進んだところで、ふと「これは私小説か?」と感じたが、即座にその思いは打ち消した。導入部は花村氏らしいエグい暴力小説ながら、進むにつれて登場人物がどんどんねじくれて、愛と性の小説と化す。 後半部分まで読み進んだところで、ふと「これは私小説か?」と感じたが、即座にその思いは打ち消した。導入部は花村氏らしいエグい暴力小説ながら、進むにつれて登場人物がどんどんねじくれて、愛と性の小説と化す。花村氏お得意の二元論で、ねじくれを語り物語を紡ぐところは萬月節によくあることで、個人的には嫌いではない。うろおぼえながら「鬱」や「風転」に近いテイストを感じる。しかし、あまり評価できる作品ではない。私はこれからも著者の作品を読み進むつもりである。したがって、この程度の作品が私小説では困るのである。 …続きを読む
    Katsuto Yoshinaga
    2015年11月25日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品