古川

第8回 日本ホラー小説大賞 短編賞

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
194
ISBN:
9784043723010

第8回 日本ホラー小説大賞 短編賞

古川

  • 著者 吉永 達彦
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年09月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
194
ISBN:
9784043723010

全選考委員絶賛! 第八回日本ホラー小説大賞受賞作

1960年代初頭、下町を流れる「古川」のほとりで繰り広げられる、恐ろしくも哀切な妖かしの物語。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「古川」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 再読。なんと懐かしい薫り。とはいえ山猫屋が生まれる直前くらいの時代設定。ザリガニのいるどぶ川とかあったなぁ、川底に白骨はなかったと思うけど。『古川』の少女も『昏い沼』の少年も、とても良い子。核家族(も 再読。なんと懐かしい薫り。とはいえ山猫屋が生まれる直前くらいの時代設定。ザリガニのいるどぶ川とかあったなぁ、川底に白骨はなかったと思うけど。『古川』の少女も『昏い沼』の少年も、とても良い子。核家族(もはや死語?)なんて言葉すら存在していない時代の家族の繋がりが暖かい。特殊学級やイジメも介在しない頃の、貧しくても優しい時代に思いを馳せる。中途半端な部分もあるけれど、この優しさ、大好きです。もう書かれないのかなぁ…。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2020年06月03日
    45人がナイス!しています
  • ノスタルジー。怪奇であって怪談にあらず。 ノスタルジー。怪奇であって怪談にあらず。
    miroku
    2017年08月08日
    16人がナイス!しています
  • 第8回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。ずっとこの文学賞を追ってきましたが、久しぶりに正統派ホラーに出会った気がします。かえって新鮮なくらいです。表題作はよく言えば王道、悪く言えばご都合主義の展開。ちょ 第8回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作。ずっとこの文学賞を追ってきましたが、久しぶりに正統派ホラーに出会った気がします。かえって新鮮なくらいです。表題作はよく言えば王道、悪く言えばご都合主義の展開。ちょっと唐突に感じる場面もありましたが、昭和の空気感やほどよい怖さも相まって普通に楽しめました。ただ、併録の「冥い沼」の方が、怪談的要素と“命““家族”というテーマが上手に絡まっていて、好みでした。最近後味の悪いエンタメが流行っていますが、こういうハッピーエンドの小説もやっぱりいいものだと思います。 …続きを読む
    かみしの
    2012年07月28日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品