やきものの見方

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2004年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
276
ISBN:
9784047033672

やきものの見方

  • 著者 荒川 正明
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2004年08月09日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
276
ISBN:
9784047033672

日本陶磁のさまざまな意匠はこうして生まれた!新やきもの鑑賞入門。

文様・形・彩色など、やきもののデザインやスタイルはどのようにしてできたのか。「宴」をキーワードにやきものを文化史的に読み解き、まったく新たな鑑賞の視点・見方を提供。目からウロコのやきもの入門。

〈目次〉
はじめに─やきものを楽しむ

第一章 うつわを飾った花や鳥
  一 花鳥文様の源流
  二 古代のうつわを飾った花鳥文─緑釉陰刻花文陶器
  三 花鳥文を描いた酒器─中世の刻画文陶器
  四 樹木文に込められた意味

第二章 美しき釉の流れ
  一 器面の輝き
  二 自然釉の魅力
  三 「釉流し」鑑賞の確立
  四 デザイン化された釉
  五 海外で評価された日本陶器の魅力

第三章 やきもの革命─桃山時代の陶器
  一 「見るうつわ」を生んだ時代─桃山バブル経済とやきもの
  二 華やかな時世粧のうつわ─織部焼
  三 古唐津─表された桃山時代の生気

第四章 大皿の時代─宴を飾ったうつわ
  一 大皿が語る陶磁史
  二 大皿誕生前史
  三 大皿の波、到来
  四 大名の求めた大皿

第五章 絵画となったやきもの─古九谷
  一 人物を描いたやきもの
  二 古九谷と『五言唐詩画譜』
  三 画譜が用いられた背景
  四 加賀藩前田家と古九谷
第六章 和様意匠の確立─伊万里磁器の洗練
  一 富士山を描いたやきもの
  二 鍋島焼にみる寛文スタイル
第七章 京焼の雅─仁清と乾山
  一 野々村仁清の評価と造形
  二 乾山焼の伝統と革新

第八章 鑑賞陶磁の成立─近現代陶芸
  一 鑑賞陶磁の確立
  二 近現代陶芸の「真」体と「草」体

参考文献

あとがき

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「やきものの見方」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 王朝美の重要性、寛文に確立されたスタイルなど、とても勉強になった。「真行草」の見方は焼き物にとどまらず活用していきたい。 王朝美の重要性、寛文に確立されたスタイルなど、とても勉強になった。「真行草」の見方は焼き物にとどまらず活用していきたい。
    misui
    2009年08月25日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品