ボヴァリー夫人 フローベール

絵で読む世界の文学シリーズ 欲望に翻弄されたある女の人生

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年04月07日
判型:
菊判
商品形態:
単行本
ページ数:
84
ISBN:
9784048734622

ボヴァリー夫人 フローベール

絵で読む世界の文学シリーズ 欲望に翻弄されたある女の人生

  • 著者 姫野 カオルコ
  • 絵 木村 タカヒロ
  • イラスト 木村 タカヒロ
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年04月07日
判型:
菊判
商品形態:
単行本
ページ数:
84
ISBN:
9784048734622

絵で読む世界の文学シリーズ 欲望に翻弄されたある女の人生

文学の興味を30分で高める、現代作家がリトールドした傑作

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「ボヴァリー夫人 フローベール」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「永遠の少女と永遠の少年の物語」...エマは少女病なんだなぁと思った。少女は危ない雰囲気の大人を求めるけど、少年はヒーローになることしか考えてないから。でも、現実のヒーローってのはシャルルのように人助 「永遠の少女と永遠の少年の物語」...エマは少女病なんだなぁと思った。少女は危ない雰囲気の大人を求めるけど、少年はヒーローになることしか考えてないから。でも、現実のヒーローってのはシャルルのように人助けだけを使命とするもので、全くもって刺激的ではない。悲劇だった。「敏感が鈍感に許される」ことは自分自身を否定することだったんだな。神には許されたいけれど、シャルルには許されたくない...マゾチックな恋人を神聖視したい願望。本当の恋をする権利は誰にでも保証されるものであってほしい。チャンスが平等でないとしても。 …続きを読む
    空の落下地点。
    2018年03月06日
    1人がナイス!しています
  • ボヴァリー夫人を読んだことがなかったので、今回初めてストーリーを知った。姫野カオルコさんは巧いですね。高村光太郎や千昌夫のフレーズまで引用するとは。短いセンテンスに煌く言葉。木村タカヒロさんは初めて存 ボヴァリー夫人を読んだことがなかったので、今回初めてストーリーを知った。姫野カオルコさんは巧いですね。高村光太郎や千昌夫のフレーズまで引用するとは。短いセンテンスに煌く言葉。木村タカヒロさんは初めて存じ上げた方だったが、コラージュも良かった。表情にドキッとするようなリアルさがある。他の作品も拝見したい。シャルルは最後までエマを愛していたのですね。純粋と愚鈍は背中合わせ。疑わなかったのかな。切ないね。 …続きを読む
    スリカータ
    2012年12月23日
    1人がナイス!しています
  • 映画「ボヴァリー夫人とパン屋」を鑑賞する前に、この大人の絵本でちょっと勉強。姫野カオルコさんが、19世紀半ばのフランスの田舎・地方都市生活を、挑戦的に、歯切れよく語る。木村タカヒロさんの絵・コラージュ 映画「ボヴァリー夫人とパン屋」を鑑賞する前に、この大人の絵本でちょっと勉強。姫野カオルコさんが、19世紀半ばのフランスの田舎・地方都市生活を、挑戦的に、歯切れよく語る。木村タカヒロさんの絵・コラージュは、どろどろとしたこの作品世界に合っている。 …続きを読む
    グーグー
    2015年08月11日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品