DC A-magaワイド (2)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年12月10日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
240
ISBN:
9784840222792

DC A-magaワイド (2)

  • 原作 上遠野 浩平
  • 著者 緒方 剛志
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年12月10日
判型:
B6変形判
商品形態:
コミック
ページ数:
240
ISBN:
9784840222792

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「DC A-magaワイド (2)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 既読・再読。ここまで読んでようやく分かる、屋上でブギーポップが言っていた言葉の意味が。御許ってやっぱり中枢なんかな。統和機構のとの字も出てこなかったけど。 既読・再読。ここまで読んでようやく分かる、屋上でブギーポップが言っていた言葉の意味が。御許ってやっぱり中枢なんかな。統和機構のとの字も出てこなかったけど。
    exsoy
    2019年01月14日
    38人がナイス!しています
  • 一巻の分からなかった部分が埋まっていく感じは面白い。あとブギーポップがあんまり出てこないw 一巻の分からなかった部分が埋まっていく感じは面白い。あとブギーポップがあんまり出てこないw
    hosahosa666
    2011年04月04日
    1人がナイス!しています
  • 俺のマンティコアがこんなにかわいい訳が無い。小説で読んだときにはただただ不気味なだけだったんだがなあ。あと、「人を食うもの」ってのは実際人間喰ってるし安直なネーミングだな、と思ってたけどむしろ人間性や 俺のマンティコアがこんなにかわいい訳が無い。小説で読んだときにはただただ不気味なだけだったんだがなあ。あと、「人を食うもの」ってのは実際人間喰ってるし安直なネーミングだな、と思ってたけどむしろ人間性や社会を蝕む存在だったんだな。はじめて知った。原作読んだのになあ。しかしどうも彼女が一番人間臭いという。 …続きを読む
    in medio tutissimus ibis.
    2014年10月18日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品