試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043708017

火花 北条民雄の生涯

  • 著者 高山 文彦
  • デザイン 緒方 修一
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年06月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784043708017

差別と病魔、強烈な個性と自我──。深い感動を呼ぶノンフィクション!

ハンセン病の北条民雄は文学を志し、川端康成に見出される。やがて『いのちの初夜』が文学界賞を受賞、ベストセラーとなるがペンネーム以外は秘された。差別と病魔と闘い続けた著者の命の輝きを克明に綴る!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「火花 北条民雄の生涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 北条民雄に片思いを続けた筆者の渾身の作、濃密で圧倒的な熱量をひた隠しに淡々と綴る力作、読んでよかった。著者の優しさと愛は、川端康成にも劣らないと感じる。ハンセン病の不条理さは社会的に抹殺され、存在を無 北条民雄に片思いを続けた筆者の渾身の作、濃密で圧倒的な熱量をひた隠しに淡々と綴る力作、読んでよかった。著者の優しさと愛は、川端康成にも劣らないと感じる。ハンセン病の不条理さは社会的に抹殺され、存在を無にされること、知識としては知っていてもあまりにも嘆かわしく言葉がない。人間の尊厳を奪われただの生物として扱われる悔しさ、それが許される世相の異常さ、その中でも様々な思いで生きるいのちの清廉さに始終心を掻き乱される。北条民雄の若さゆえの足掻きが痛々しい。闇に一瞬輝く「火花」、その通りの人生は重くて尊い。 …続きを読む
    荒草ミエル
    2019年02月28日
    17人がナイス!しています
  • 北条の生き様、性格は激烈で若さ・青春のもたらす強さ、ある意味での傲慢さがこの本から伝わる。そして、いまの私と同じような年齢の川端康成がその青い男を優しく見守り、手を差しのべている。川端は、芸者さんの話 北条の生き様、性格は激烈で若さ・青春のもたらす強さ、ある意味での傲慢さがこの本から伝わる。そして、いまの私と同じような年齢の川端康成がその青い男を優しく見守り、手を差しのべている。川端は、芸者さんの話を書く、なよっとした作家だと思っていたがとんでもない話だった。しかも『雪国』はあの忌まわしい時代に書かれていたなんて。川端をもう少し知らなくてはいけない。そしてハンセン病というあの時代に人々の運命を破壊した業病を乗り越え、二人の作家は生い立ちや宿命との闘いでつながっていたのだろう。 …続きを読む
    chanvesa
    2014年08月31日
    16人がナイス!しています
  • その昔、北条民雄という作家がいた。彼は、癩病(ハンセン病)を患い、東村山にある療養所で青春時代を送るが、そこで生活する人たちの様子を詳らかに描いた作品を数多く残し、中でも代表作である「いのちの初夜」は その昔、北条民雄という作家がいた。彼は、癩病(ハンセン病)を患い、東村山にある療養所で青春時代を送るが、そこで生活する人たちの様子を詳らかに描いた作品を数多く残し、中でも代表作である「いのちの初夜」は、芥川賞の候補作に挙がり文壇に衝撃を呼んだ。それにも関わらず、彼の生涯については、出生地はおろか本名すらよく分かっておらず、謎に包まれた作家と言えよう。本書は、彼の残した作品や書簡などを手掛かりに彼の実像に迫る伝記(風の一冊)である。(続) …続きを読む
    つーさま
    2013年05月17日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品