封仙娘娘追宝録・奮闘編4 夢の涯

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784829114360

封仙娘娘追宝録・奮闘編4 夢の涯

  • 著者 ろくご まるに
  • イラスト ひさいち よしき
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年06月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
292
ISBN:
9784829114360

ひさしぶり! 封仙いよいよ再始動!

地上に散逸した宝貝を回収する女の子(でも元仙人)・和穂と欠陥宝貝・殷雷の活躍を描く短編集の第四弾。ボリュームたっぷりの書き下ろしもあるし、表題作の「夢の涯」は前後編をまとめたものだし、読み応えあり!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「封仙娘娘追宝録・奮闘編4 夢の涯」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「夢の涯」が良くて、とても良くて、短編としての完成度がかなり高い。和穂の心の強さに仙人っぽさを垣間見ることができるし、その強くて優しい心に打たれる。安楽死に繋がるような問題も内包しつつラストであの殷雷 「夢の涯」が良くて、とても良くて、短編としての完成度がかなり高い。和穂の心の強さに仙人っぽさを垣間見ることができるし、その強くて優しい心に打たれる。安楽死に繋がるような問題も内包しつつラストであの殷雷とのやりとり...。他の短編も余韻の心地良い物語だった。それにしても1巻を読んだ時、あれ、眉毛そんなに太くない?と言ったけど、眉毛、成長してるよね? …続きを読む
    お萩
    2015年05月11日
    5人がナイス!しています
  • 「夢の涯」は間違いなく傑作。 「夢の涯」は間違いなく傑作。
    マッチ
    2012年12月01日
    5人がナイス!しています
  • 夢の涯が素晴らしい。短編の完成度がグングン上がってる 夢の涯が素晴らしい。短編の完成度がグングン上がってる
    でーたべーす
    2012年05月19日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品