トリニティ・ブラッド Rage Against the MoonsIV ジャッジメント・デイ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2003年03月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784044184100

トリニティ・ブラッド Rage Against the MoonsIV ジャッジメント・デイ

  • 著者 吉田 直
  • イラスト THORES柴本
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2003年03月28日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
328
ISBN:
9784044184100

カテリーナを火刑から救え! ノイエ・バロックオペラ劇的な第四幕!

新教皇庁の反乱に荷担していたという濡れ衣を着せられ、苛烈な異端審問にかけられるカテリーナ! 窮地の主を救うべく、アベルたちAxは新教皇庁首魁アルフォンソが潜伏する北の辺境・エストニアへと飛ぶが――!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「トリニティ・ブラッド Rage Against the MoonsIV ジャッジメント・デイ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ついに『R・A・M』の最終巻(といっても未完だけど)へ至ってしまった。4つ短編から構成されているが、殆ど一連の物語に繋っていてスフォルツァ枢機卿の冤罪を証明するためEXのメンバーが活躍する話。しかも最 ついに『R・A・M』の最終巻(といっても未完だけど)へ至ってしまった。4つ短編から構成されているが、殆ど一連の物語に繋っていてスフォルツァ枢機卿の冤罪を証明するためEXのメンバーが活躍する話。しかも最後にあの人物が再登場する―― 気になる。続きが気なる。大きな木になる…… (スミマセン!)自分的には過去に遡ってアベルとカテリーナとの出逢いについて、もっと描いて欲しかった気がします。 ……とても残念であります。著者・吉田氏の世界観を損なうことなく引継ぐ作家が登場してくれないかな~ …続きを読む
    ヴェルナーの日記
    2016年06月13日
    73人がナイス!しています
  • カテリーナに異端の疑いが掛けられる。不自然な程、良く、出てくる証拠品に対して「教授」ことワーズワスは弁護人としてローマに残り、アベル達は智天使を捉えるべく、北へと向かう。北へとブラザー・マタイの「石油 カテリーナに異端の疑いが掛けられる。不自然な程、良く、出てくる証拠品に対して「教授」ことワーズワスは弁護人としてローマに残り、アベル達は智天使を捉えるべく、北へと向かう。北へとブラザー・マタイの「石油が取れるし、神様は救ってくださるだろうから虐殺しても構わない」と言い切り、千人単位での虐殺に舌なめずりするブラザー・マタイの狂信を代弁に利益を秤にかける様は嫌悪を通り越して清々しい程です。色んな意味で感情表現豊かなトレスとレオンとユーグの協力戦が好きです。外伝は「もう、ユーグを虐めないで・・・!」と言いたい …続きを読む
    藤月はな(灯れ松明の火)
    2013年04月12日
    19人がナイス!しています
  • 日常では程よいギャグあり、バトルは緊迫感が伝わるし、テンポよく進むので続きが気になってしょうがない! 日常では程よいギャグあり、バトルは緊迫感が伝わるし、テンポよく進むので続きが気になってしょうがない!
    ヤマイシ(病氏)(山石)
    2012年12月01日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品