雨に祈りを

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2002年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784042791058

雨に祈りを

  • 著者 デニス・レヘイン
  • 訳者 鎌田 三平
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2002年09月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784042791058

探偵パトリック&アンジー・シリーズファイナル!

愛するフィアンセと幸せに暮らしていたはずのカレンが投身自殺した。ドラッグを大量に服用して。カレンを知るパトリックは、事件の臭いをかぎとるが――。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「雨に祈りを」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 前作で杉下右京的な選択をし、アンジーと別れざるを得なかったパトリック。そんな魂の抜けた彼がストーカーから救った女性が自殺した、何故?謎を探るうちに見え隠れする邪悪な影。他人の人生に干渉し操り、破滅させ 前作で杉下右京的な選択をし、アンジーと別れざるを得なかったパトリック。そんな魂の抜けた彼がストーカーから救った女性が自殺した、何故?謎を探るうちに見え隠れする邪悪な影。他人の人生に干渉し操り、破滅させる愉快犯?今度の敵は凄まじい。個人で在りながら精神科医や家族、マフィアさえコントロールし、パトリックたちの弱点を衝いてくる。あの一人軍隊ブッハさえ絡め手で動きを封じられかける。そして二転三転、パトリックもアンジーも、ブッハさえも満身創痍。この作者の破壊力と優しさに驚愕した。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年12月11日
    44人がナイス!しています
  • 本棚から取り出して再読。相変わらず、パトリックとアンジー、そしてブッバの距離感がとても良い。今回は自ら手を下さない、狡猾で陰険な犯人。少しずつ真相に迫るレヘインの筆力は流石。余韻を残す最後の場面。この 本棚から取り出して再読。相変わらず、パトリックとアンジー、そしてブッバの距離感がとても良い。今回は自ら手を下さない、狡猾で陰険な犯人。少しずつ真相に迫るレヘインの筆力は流石。余韻を残す最後の場面。このシリーズ、レヘインはもう書かないのでしょうか?又、彼等に会いたいです(*^^*) …続きを読む
    ペグ
    2017年01月10日
    26人がナイス!しています
  • 非常に複雑な人間関係、だれが最終的に犯人なのか最後まで隠されていて面白かったです。 ブッバも大活躍したし、お気に入りの一冊となりました^^ このシリーズ、最高!ですがもうそろそろ終わるんですよね。 非常に複雑な人間関係、だれが最終的に犯人なのか最後まで隠されていて面白かったです。 ブッバも大活躍したし、お気に入りの一冊となりました^^ このシリーズ、最高!ですがもうそろそろ終わるんですよね。
    icchiy
    2014年11月22日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品