文藝百物語

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年09月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784043598014

文藝百物語

  • 著者 井上 雅彦
  • 著者 菊地 秀行
  • 著者 田中 文雄
  • 著者 加門 七海
  • 著者 篠田 節子
  • 著者 霜島 ケイ
  • 著者 森 真沙子
  • 編者 東 雅夫
  • デザイン 田島 照久
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年09月07日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
306
ISBN:
9784043598014

何より怖い本当の話

1997年3月夕刻より、東京・根津の古旅館にて行われた「百物語」怪談会の記録集。井上雅彦、加門七海、菊地秀行、篠田節子、霜島ケイ、竹内義和、田中文雄、森真沙子が語り起こす本当の話。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「文藝百物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • やはりホラー小説などを書いていると怪奇現象に遭遇する機会が増えるものなのだろうか。実話ベースの百物語の常で、背筋が凍るような話ありピンとこない話ありと玉石混交。三角屋敷の話が住民である霜島氏の口から やはりホラー小説などを書いていると怪奇現象に遭遇する機会が増えるものなのだろうか。実話ベースの百物語の常で、背筋が凍るような話ありピンとこない話ありと玉石混交。三角屋敷の話が住民である霜島氏の口から語られたのは興味を引いた。作家たちの中でも加門氏のぶっとび振りはすごかった。流石『見える』作家。こういう話を楽しめるのも、自分に感じる力が全くなく、そういう事態に遭遇することはまずは無かろうと思うからである。ああ霊感が無くて良かった。百話語られた後には必ず怪が集まるというが、そういうことが無くて幸い?残念? …続きを読む
    ハイランド
    2016年11月01日
    70人がナイス!しています
  • 1997年3月17日の「百物語」怪談会の記録本。豪華メンバーによる怪談話。これは怪異じゃないよね?っていう話もいくつかあるけど、そこはスルーで。圧倒的に女性の語りが多いし怖さもある。驚いたのが「新耳袋 1997年3月17日の「百物語」怪談会の記録本。豪華メンバーによる怪談話。これは怪異じゃないよね?っていう話もいくつかあるけど、そこはスルーで。圧倒的に女性の語りが多いし怖さもある。驚いたのが「新耳袋」で知っていた「山の牧場」の話と「三角屋敷」の話。「山の牧場」は北野誠も実際に行っているけど、何の目的で建てられたか不明で怪しい。「三角屋敷」は加門さんの著書で更に詳しく語られている。宿泊先の話が多く日本旅館は怖くて嫌だという。旅先に塩やお香を持参するというのも興味深い。毎回遭遇してしまう人は大変だな。 …続きを読む
    キンモクセイ
    2020年04月11日
    51人がナイス!しています
  • 1997年、東雅夫の呼びかけにより、ホラー系の作家を旅館に集め、一晩に渡り行われた百物語を収録した『文藝百物語』。百物語を再現する企画はそれまでも数多とあったが、実際に百話語られることはほとんどない。 1997年、東雅夫の呼びかけにより、ホラー系の作家を旅館に集め、一晩に渡り行われた百物語を収録した『文藝百物語』。百物語を再現する企画はそれまでも数多とあったが、実際に百話語られることはほとんどない。当企画の白眉は、実際に見聞きした怪談が本当に百話語られているところだ。そのボリュームにまずは圧倒される。おもしろいのは、百話もあればその中には怪談として中途半端なエピソードもいくつか存在する点にある。幽霊の正体見たり枯れ尾花的な、あきらかに錯覚であったという、いわば笑い話にもなるエピソードがそれだ。(つづく) …続きを読む
    ぐうぐう
    2013年04月21日
    21人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品