「その日」はいつなのか--。 死刑因長谷川敏彦の叫び

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041878040

「その日」はいつなのか--。 死刑因長谷川敏彦の叫び

  • 著者 大塚 公子
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041878040

終わりなき贖罪の日々。その時、は、いつなのか・・・・・・。

密行主義と言われながらも毎年確実に行われている死刑執行。自殺房と呼ばれる舎房で償いの日々を送るひとりの確定囚を通して、知られざる死刑の実態に迫る迫真のドキュメント!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「「その日」はいつなのか--。 死刑因長谷川敏彦の叫び」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 改心をした死刑囚を取り上げたルポルタージュです。改心したのは事実なのでしょうが、死刑制度の被害者のように捉えるものではないように感じました。 改心をした死刑囚を取り上げたルポルタージュです。改心したのは事実なのでしょうが、死刑制度の被害者のように捉えるものではないように感じました。
    金吾
    2021年08月22日
    19人がナイス!しています
  • 死刑制度はなくならないのだろうか。一方でヒューマニズムの観点から他の先進国と同じように、死刑制度廃止を願うもの、現実には被害者の遺族の怒りと悲しみに同調し、犯罪者を許すことができず、極刑を望む心。私自 死刑制度はなくならないのだろうか。一方でヒューマニズムの観点から他の先進国と同じように、死刑制度廃止を願うもの、現実には被害者の遺族の怒りと悲しみに同調し、犯罪者を許すことができず、極刑を望む心。私自身の狭い心にさえ、白黒つけれない相反する葛藤が存在する。本作は、前著『死刑囚最後の瞬間』以上になまなましく、読むのもつらい。長谷川敏彦が犯した罪と、改心をした彼を待ち受けている死刑という凄絶な現実。遺族や自分の家族への思いや叫ぶこともできない心の内面をするどく抉り出している。(2002.3記) …続きを読む
    つちのこ
    2002年03月02日
    3人がナイス!しています
  • ある一人の死刑囚を例にとり、死刑存廃論を議論する前提事実を描くと共に日本の死刑制度の密行主義を批判する。 著者自身の主張は抑えて小説のように死刑囚、加害者家族、被害者遺族の心情が描かれ、読み物としても ある一人の死刑囚を例にとり、死刑存廃論を議論する前提事実を描くと共に日本の死刑制度の密行主義を批判する。 著者自身の主張は抑えて小説のように死刑囚、加害者家族、被害者遺族の心情が描かれ、読み物としても面白い。 …続きを読む
    ミツ
    2010年01月15日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品