グランド・ミステリー(上)

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043578016

グランド・ミステリー(上)

  • 著者 奥泉 光
  • デザイン 高橋 雅之
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
496
ISBN:
9784043578016

真珠湾攻撃のただ中で起きた海軍大尉の怪死。その謎に端を発する空前絶後の一代ミステリ・ロマン。小説のあらゆる可能性と魅力を極限まで追求した世紀の大作。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グランド・ミステリー(上)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昭和16年12月8日の真珠湾攻撃。参戦した加多瀬大尉と顔振整備兵曹長の2つの目線で語られる。上巻では主に加多瀬とその妹・範子がメイン。戦友の謎の死を追いつつ、その妻に恋焦がれる加多瀬。行き着く先は、何 昭和16年12月8日の真珠湾攻撃。参戦した加多瀬大尉と顔振整備兵曹長の2つの目線で語られる。上巻では主に加多瀬とその妹・範子がメイン。戦友の謎の死を追いつつ、その妻に恋焦がれる加多瀬。行き着く先は、何とも怪しい国際問題研究所。宗教・超能力・戦争と、恋愛が絡んだお話。既に下巻を読んでますが、混乱さが増しています。 …続きを読む
    てふてふこ
    2014年04月11日
    12人がナイス!しています
  • 初奥泉さん。一文が長い!というのが第一印象(オイ) なんだか昔の訳本読んでる気分。読んでるうちに何だったっけ?ってなる文章(コラ) 上巻はまだまだ前振り状態という感じ。しかも何かだんだん話の方向性がど 初奥泉さん。一文が長い!というのが第一印象(オイ) なんだか昔の訳本読んでる気分。読んでるうちに何だったっけ?ってなる文章(コラ) 上巻はまだまだ前振り状態という感じ。しかも何かだんだん話の方向性がどこか違う方へ行っちゃってるような。どうなるんだコレ?!みたいな。何をしようとしているのか先が見えないという点が大変不穏な本であります。私はこの本をどう読めばいいんだ?という感じ。まぁジャンルミックスだと言ってますし、素直に続きを読もうと思います。下巻にすべてをゆだねましょう! …続きを読む
    ふぃすか
    2003年03月31日
    10人がナイス!しています
  • 戦後70年を意識して読んでるわけではないのだが、読み出すまで第二次大戦を扱ってるのを忘れてた。第一部の戦記小説パートもいいが、二部からはしっとりした昭和文学の香りと奥泉の(漱石的な?)ノリノリが重なっ 戦後70年を意識して読んでるわけではないのだが、読み出すまで第二次大戦を扱ってるのを忘れてた。第一部の戦記小説パートもいいが、二部からはしっとりした昭和文学の香りと奥泉の(漱石的な?)ノリノリが重なって、無類に面白い。特に饒舌な阿呆とその人物への辛辣な眼差しは実に小気味よい。ヒロインの範子を結婚問題と名前の連想から、勝手に原節子でイメージして応援している。そして、突然マジカルな前振りで下巻に。 …続きを読む
    ネムル
    2015年08月13日
    10人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品