愛しき者はすべて去りゆく

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042791041

愛しき者はすべて去りゆく

  • 著者 デニス・レヘイン
  • 訳者 鎌田 三平
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042791041

大好評、探偵パトリック&アンジー・シリーズ最新作!

誘拐された四歳の少女アマンダ・マックリーディ。母親ヘリーンはアル中で、麻薬取引の売り上げを持ち逃げしていた。事件はパトリックとアンジーの予想を超えて暴走していく――。
  • ニコニコカドカワ祭り2021
    ニコニコカドカワ祭り2021

メディアミックス情報

NEWS

「愛しき者はすべて去りゆく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 思えばこのシリーズ、映画化された本作が良くて読み始めたんだったな。今回は消えた四歳の少女の行方を追う序譚、失踪した子供たちの運命を思うと本当に憂鬱だ。むしろ死んでいてくれと願いたくなるほど苛烈な現実は 思えばこのシリーズ、映画化された本作が良くて読み始めたんだったな。今回は消えた四歳の少女の行方を追う序譚、失踪した子供たちの運命を思うと本当に憂鬱だ。むしろ死んでいてくれと願いたくなるほど苛烈な現実は、最早アメリカだけの出来事ではない。希望を持つ事の残酷さを知るパトリックは最初引き受けない。少女がいた現実もまた、ネグレクトだったから。児童虐待捜査班の二人の刑事と知り合い、力を合わせ、共に泣き、消えた子供たちの陰りを追う。いい奴らだったな、彼らの目指したものを知って尚、己の正義を貫いた時、凡てを失うのか。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年11月07日
    52人がナイス!しています
  • 96子供の誘拐事件なので覚悟していましたが、これほど救いがなく暗く重たいとは思わなかった。育児放棄や子供を性の対象にする者達からどうすれば子供を守れるのか?子供の無惨な死体を見てきた刑事プールとブルサ 96子供の誘拐事件なので覚悟していましたが、これほど救いがなく暗く重たいとは思わなかった。育児放棄や子供を性の対象にする者達からどうすれば子供を守れるのか?子供の無惨な死体を見てきた刑事プールとブルサードと虐待経験者のパトリックは子供達が置かれている悲惨な状況に悲憤し打ちのめされながらも各々答えを出すがこんな結末になるなんて・・悲しすぎる。なんとかならんかったのかなぁ~とても好きなキャラになってたのに残念でした。 …続きを読む
    スー
    2020年07月17日
    26人がナイス!しています
  • 少女の誘拐と、運び屋から奪った大金と、子供を誘拐なぶり殺しにする殺人犯達と、どこでどうまとまるのかこの話、と思ったけど、最後の最後で悲しい驚きの結末。登場人物が多すぎて途中は流れのままに読んだ。超法規 少女の誘拐と、運び屋から奪った大金と、子供を誘拐なぶり殺しにする殺人犯達と、どこでどうまとまるのかこの話、と思ったけど、最後の最後で悲しい驚きの結末。登場人物が多すぎて途中は流れのままに読んだ。超法規的に働くのが私立探偵の役割で、ブロックのマット・スカダーシリーズなどが好きなのだが、少しいい子すぎる私立探偵パトリック。いかん。 …続きを読む
    キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん
    2021年05月17日
    25人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品