愛しき者はすべて去りゆく

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042791041

愛しき者はすべて去りゆく

  • 著者 デニス・レヘイン
  • 訳者 鎌田 三平
  • デザイン 角川書店装丁室
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年09月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
576
ISBN:
9784042791041

大好評、探偵パトリック&アンジー・シリーズ最新作!

誘拐された四歳の少女アマンダ・マックリーディ。母親ヘリーンはアル中で、麻薬取引の売り上げを持ち逃げしていた。事件はパトリックとアンジーの予想を超えて暴走していく――。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「愛しき者はすべて去りゆく」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 思えばこのシリーズ、映画化された本作が良くて読み始めたんだったな。今回は消えた四歳の少女の行方を追う序譚、失踪した子供たちの運命を思うと本当に憂鬱だ。むしろ死んでいてくれと願いたくなるほど苛烈な現実は 思えばこのシリーズ、映画化された本作が良くて読み始めたんだったな。今回は消えた四歳の少女の行方を追う序譚、失踪した子供たちの運命を思うと本当に憂鬱だ。むしろ死んでいてくれと願いたくなるほど苛烈な現実は、最早アメリカだけの出来事ではない。希望を持つ事の残酷さを知るパトリックは最初引き受けない。少女がいた現実もまた、ネグレクトだったから。児童虐待捜査班の二人の刑事と知り合い、力を合わせ、共に泣き、消えた子供たちの陰りを追う。いい奴らだったな、彼らの目指したものを知って尚、己の正義を貫いた時、凡てを失うのか。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2019年11月07日
    52人がナイス!しています
  • 初パトリック&アンジー。ゆえあって4作目から。誘拐事件からはじまり、あれもこれも折り重なる多重構造は読み応えたっぷり。暗い重いせつないの三大特典つき。正義とは何か、法はいったい誰のためのものなのか、普 初パトリック&アンジー。ゆえあって4作目から。誘拐事件からはじまり、あれもこれも折り重なる多重構造は読み応えたっぷり。暗い重いせつないの三大特典つき。正義とは何か、法はいったい誰のためのものなのか、普段はスルーしたくなることをいやでも考えさせられる。一見ドライでクールだけど、発している熱量は相当なもの。シリーズ、最初から読みたいです。ちょっと身体にこたえるから、少しずつ間をおいて。 …続きを読む
    emitaku
    2018年01月13日
    19人がナイス!しています
  • 悲しい物語。読後の寂寥感は格別。再読なので少しは感想をまとめられるかなと思っていたが、やはり言葉にできない… 悲しい物語。読後の寂寥感は格別。再読なので少しは感想をまとめられるかなと思っていたが、やはり言葉にできない…
    Kazuto Ue
    2017年07月28日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品