忘れ得ぬ翼

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041310229

忘れ得ぬ翼

  • 著者 城山 三郎
  • イラスト 生頼 範義
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年07月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041310229

敗色の濃くなった日本の空で絶望的な戦いを戦わされた飛行機たちの物語。

太平洋戦争で死を紙一重で免れた男達の心の中には、今なお自分の運命を決定した飛行機が飛び続けている。隼、彗星、一式陸攻・・・。敗色の濃くなった日本の空で絶望的な戦いを戦わされた飛行機の物語。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「忘れ得ぬ翼」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 戦争中は軍の飛行機のパイロットとして従軍して、戦場で九死に一生を得て、そしてそれぞれの戦後を生きる男たちの物語。各短編にそれぞれの陸海軍の名機が登場する。戦争末期という日本の敗色が濃くなった状況下で、 戦争中は軍の飛行機のパイロットとして従軍して、戦場で九死に一生を得て、そしてそれぞれの戦後を生きる男たちの物語。各短編にそれぞれの陸海軍の名機が登場する。戦争末期という日本の敗色が濃くなった状況下で、みなそれぞれ死を覚悟している。各作品で感じられるのは、戦争が終わって生き残ったという生の歓びではなく、戦争で死に損なってしまったという喪失感のようなもの・・・月並みな言葉とはなってしまうが、”あの戦争で死んだ人たちがいて今の日本がある”、そんな歴史が戦後世代の我々の胸を深くえぐってくるようである。 …続きを読む
    シュラフ
    2014年05月06日
    10人がナイス!しています
  • 飛行機搭乗員の戦中・戦後の人生と、その乗機を重ね合わせて描く短編9編。城山氏の文体は味わい深く、美しい情景が鮮やかに眼前に浮かぶようです。それぞれの飛行機についての知識も豊富で、特に操縦感覚に関する記 飛行機搭乗員の戦中・戦後の人生と、その乗機を重ね合わせて描く短編9編。城山氏の文体は味わい深く、美しい情景が鮮やかに眼前に浮かぶようです。それぞれの飛行機についての知識も豊富で、特に操縦感覚に関する記述は興味深いです。 …続きを読む
    tsuyoshi1_48
    2010年09月02日
    7人がナイス!しています
  • 飛行機乗りの若者が主人公の戦争小説の短編集です。 陸軍機・海軍機ともとても詳しくお調べになっており勉強になります。『脱出』がなんか切なくて好きです。戦中・戦後を生きた主人公がどんな想いで終戦を迎え平和 飛行機乗りの若者が主人公の戦争小説の短編集です。 陸軍機・海軍機ともとても詳しくお調べになっており勉強になります。『脱出』がなんか切なくて好きです。戦中・戦後を生きた主人公がどんな想いで終戦を迎え平和な時代・日本を見て過ごしているか。。 …続きを読む
    2014年04月21日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品